2001年12月8日:八ヶ岳 ジョウゴ沢



メンバー:L中谷、和田、甲谷、小川


八ヶ岳のジョウゴ沢でアイスクライミングをしました。日帰りの楽しいクライミングでした。




12月8日(土)
天候:晴
タイム:美濃戸7:45 - ジョウゴ沢出合10:30, 14:45 - 美濃戸16:20

金曜の夜、車で出発し、美濃戸の駐車場で仮眠する。美濃戸口からは少し雪が積もっていた。
朝起きると快晴で、温度計が−5℃を指している。今年はまだ寒さに体が慣れてないせいもあり、とても寒く感じる。
のそのそと準備をして出発する。
今日は日帰りなので荷物が軽く助かるが、なかなかペースが上がらない。美濃戸からはずっと雪道だが、トレースもあり歩きやすい。怖い思いをしたこともある丸木橋も、まだ凍ってなく難なく渡れた。
赤岳鉱泉では、テントを張るパーティーを横目に行動食を取りながらのんびりとする。

ジョウゴ沢の出合から少し沢を登ったところでトレースがなくなり、軽くラッセルをしながらF1下に着いた。
ここで準備をし、中谷・小川組と和田・甲谷組でザイルをつなぎF1を登る。今日は我々が最初のようだ。
氷の下を水が流れているので、そこの右側を中谷が、左側を和田がリードして登る。小川はアイスクライミングが初めてだったが、じたばたしながら何とか登る。
F2は20mぐらいだろうか、高さもあるし下部は傾斜も結構ある。下で眺めていると他のパーティーが来たので先に登ってもらう。
ここも氷の下を水が流れていて、バイルを刺すとバガっと穴が開く所もあった。今回も、中谷、和田がリードで登った。自分の番になるころには、バイルを刺す穴とアイゼンを置くステップが出来ていたので、同じところを使ってよじ登る。セカンドは楽だ。
今日は、F1かF2をトップロープで何度も登る計画だったが、思ったより氷が薄かったのでさらに左方ルンゼに行くことになった。左方ルンゼを登って3〜4mの滝にトップロープをセットして代わる代わる何回も登る。
日帰りだと練習時間はあっという間に終ってしまう。時間になったので、来た道を戻り下山する。下るときに見ると、F1もF2も何パーティーもトップロープをセットしていてかなりの混雑ぶりであった。


F1
F2

記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る