2001年5月19〜20日:杓子岳 双子尾根



メンバー:L小川、甲谷、中谷、川上(ゲスト)


北アルプスの杓子岳に双子尾根から登り、残雪の山を満喫できた山行でした。
下山後、”倉下の湯”で温泉に入りました。湯船からの展望がすばらしく、杓子岳も見えていて、数時間前にあそこにいたかと思うと、何とも不思議な感じがしました。

樺平

5月19日(土)
天候:晴のち曇のち雨
タイム:猿倉駐車場8:20 - 小日向のコル10:30, 11:00 - 樺平13:00

金曜の晩に車で出発し、猿倉の駐車場で仮眠する。
朝になって起きてみると、周りの車からスキーやスノーボードを持って出発して行く。山スキーの人が多い様だ。
駐車場の周りの木々は新芽が出始めている。青空が広がり気持ちの良い朝で、良い天気が予想されたが、期待は裏切られることになる。
我々も、準備をして出発する。
白馬尻への林道から槍温泉への道に入ると、雪の上を歩くようになった。猿倉台地まで登ると木々がまばらになり、双子尾根がずっと見えた。”あの辺りが樺平で、あの辺りが杓子岳の山頂だろうか”としばらく眺める。
小日向のコルまではなかなかの急登でかなりくたびれたが、まあまあ順調なペースで来ているので、ここで大休止とする。
山スキーのパーティーはここから槍温泉の方へ滑り降りて行った。
我々は、ここから双子尾根通しになる。朝晴れていた空だが、だんだんと雲が出てきて、青空が隠れてしまった。双子尾根は所々で雪が消えてブッシュが出てやぶ漕ぎになり、雪面になるとほっとする。ナイフリッジの所もあり雪稜の雰囲気が出てきた頃には、ついに空からぽつぽつと雨が降ってきた。
そして雷も鳴り出した中、小ピークの上に出ると眼下に大きな岳樺がたつコルが見えた。
樺平に着いた。さっそくテントを岳樺から少し離れた所に張り、中に入る。
雨、雷はますます激しくなり、朝予想した穏やかな春山の期待は、すっかり裏切られてしまった。

5月20日(日)
天候:曇のち雨
タイム:樺平4:50 - ジャンクションピーク7:20 - 杓子岳8:30 - 樺平10:10, 11:30 - 猿倉駐車場12:50

起きてみると雨は止んでいて、麓の方には雲の切れ間も見えていた。風もほとんど無いが、稜線の上を雲がすごい速さで流れて行くのが見える。天気は回復傾向なので、ほっとする。
出発して雪壁に取付くが、雪が柔らかくて歩き難い。結構急な登りで、ぐんぐん高度が稼げる。雪壁を詰めて、ジャンクションピークの手前で右側の稜線に出る。ジャンクションピークを過ぎると、雪が解けてハイマツが顔を出している場所もある。
だんだん主稜線が近づいてきて、急な壁を登ると強い風と共に山頂に出た。北に白馬岳、南に鹿島槍、雲の下に剱岳も見えている。登ってきた双子尾根から麓までも見えていて何とも気持ち良い。
しかし、風が強いのですぐに写真を取り、少し下に戻ってから一休みした。大雪渓を見ると下っているパーティーがいるが、双子尾根は我々だけで静かだ。
登ったのと同じルートを下っているとついに日が射してきた。さらに柔らかくなった雪に足を取られながら樺平に戻る。
山スキーのパーティーが長走沢から上がってきて、滑って行った。この時期、山スキーをやる人が多い様だ。

テントを片づけてから青空の下、ゆっくりとお茶にする。ようやく期待していた穏やかな春山になってきた。改めて樺平の岳樺を見ると、実に堂々としている。この岳樺が、このコルを魅力的な場所にしていると感じた。
長走沢の状態が良さそうなので、沢を降りることにする。日差しががんがん射して結構暑い。どんどん下り、あっという間に猿倉の駐車場まで戻った。


杓子岳山頂
山頂から見た双子尾根

記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る