2001年4月28日〜29日:西穂高岳・西尾根



参加者:CL澤田・和田・甲谷・中谷・小川



総会でGW山行の日程が検討された際に「今年は会社の休みが暦通りの為、前半と後半のどちらが良いか?」と言う話になった。後半の休みは既に予定がある者が多かった為、前半3日間で解決できる山の中から、昨年2月にラッセルの末敗退となってしまった西穂高岳・西尾根へ行くことが決まる。
雪の状況が不明な為、2泊3日の日程での計画が作成されたが、まあ2日目で下りてこられるだろうと言う意見が大勢であった。

4月28日(土)・晴れ

ピーカンである。新穂高温泉には既に雪は無く、春の装いであった。
暖かで穏やかな快晴。今日は西尾根の2300mにあるコルまで登れば、明日は山頂を踏んで下山できるだろう。
8:21 新穂高温泉出発。しばらくは林道歩きである。ゲートを過ぎ穂高平への夏道への分岐に差し掛かるが、斜面には雪が残っていることと、あまり先を急がないので、このまま林道を歩いて穂高平の小屋に向うことにする。
穂高平の小屋は開いているようで、小屋番の人のであろうか?オートバイが止まっていた。
穂高平の牧場は既に雪も無く、前回はここでのラッセルも大変だったなぁなどと思いながら西尾根の取り付きに向う。
西尾根取り付き点は、思った通りの薮こぎとなる。
急斜面を約1H登ると雪が出て来る。しばらく進むと赤旗のあるルートに出て一安心となる。今日の目標は2300m! まだまだ1000mはあるが、雪も締っているので問題なく到達できるだろう。
12:30 1900m付近の小ピークに到着。槍ヶ岳や笠が岳が奇麗である。
前回は1日でここすら着けなかったと思いながら先に進む。もうあと2ピッチくらいだろうか?
14:45 目的地よりは手前であるが、景色の好い場所に出る(2200m付近)。明日を考えると2300mのコルまで行きたいところだが、コルは狭く景色も無いと言う話から、今日は早いがここまでと言うことにし、ポカポカの日差しの中でティータイムをとった後、テントの設営に入る。
久しぶりの早い到着で、今日はのんびり過ごせそうである。
天気予報は、明日の後半から下り坂であり、ここまで来ているのだから、明日は早起ちにし、12:00までに山頂に立てればその日の内に下山してしまうと言うことになる。


4月29日(日)・晴れのち曇り

3:00 起床。満点の星空! 快晴無風、今日は絶好の登頂日和である。
朝食を済ませ、出発の準備が進むにつれ、次第に空も明るくなってくる。
4:45 出発。まずは昨日予定していた2300mのコルに到着しなければ! そう思いながら尾根を登ると、約30分でコルに到着する。
ここからは右に巻いてルンゼを登って、ジャンクションピークに直接登るルートをとる。
出発時間を早くした為、ルンゼも思いのほか雪がしっかりしていて登りやすい。荷物が重い為、急登に喘ぎながら約1.5H頑張り、ジャンクションピークに到着する。
山頂まであとわずか、最後のミックス帯を登るだけであるが、ここからが今回の最大の難関である。
それにしても展望は最高である。昨日のぬけるような青空とまでは行かないが、その代わり暑くなくてバテずに済む。
ジャンクションピークでの休憩で、ハーネス類を装着し、登攀の準備に入る。
ジャンクションピークからは一旦下るが、狭い急な下りの為慎重に進む。
ジャンクションピークから観察していた時は、山頂へのルートはもっと悪いかと思えていたが、取り付いてみると意外に問題が無い。それでも安全を喫してザイルを出し、2パーティーで登ることとなる。
今回ザイルを出したのは、ここでの2ピッチだけであった。
9:00 西穂高岳山頂に到着。奥穂・前穂・明神が出迎えてくれる。穏やかな日和、360度のパノラマ、昨年敗退しているだけに感激はひとしおであった。
9:30 下山開始。ここからは一般路とは言え雪の付いた岩場の下りであり、慎重さが要求される。
10:30 登山者で賑わう独標に到着。ここまで来れば着いたも同然。ここから下の危険度はかなり少なくなる。
西穂の小屋に着いたらビールでも飲みたいなぁ....そんなことを考えながら斜面をグリセードで一気に下ってしまい、あっという間に小屋に着いてしまう。
11:40 小屋到着。あとは1Hの道のりをロープウェー駅に向けて下るだけである。




記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る