2001年3月25日:那須 茶臼岳、朝日岳



メンバー:L甲谷、小川


那須の大丸温泉から茶臼岳と朝日岳に登りました。
心配だった、天気も持ってのんびりとした山行でした。
下山後、大丸温泉にある”休暇村 那須”で温泉に入りました(525円)。きれいな温泉でした。


3月25日(日)
天候:晴のち曇
タイム:大丸温泉ゲート6:25 - 峰の茶屋8:00 - 茶臼岳8:45 - 峰の茶屋9:10 - 朝日岳10:00 - 峰の茶屋10:30 - 大丸温泉ゲート11:10

土曜の夜、車で出発した。大丸温泉の先はゲートが閉まっていたので、ゲート前の駐車場に停め、車の中で仮眠した。 翌朝見みると、3月末までゲート閉鎖と書いてあり、翌週だとロープウェー駅の先の”峠の茶屋”まで車で上がれるらしい。
来週からに備えてか、きれいに除雪された道を30分かけて峠の茶屋の前の駐車場まで歩いた。昨夜は雨が降ったが、今朝は晴れている。
ここからは締った雪の上になる。しかし、しばらく行くと雪が無くなってしまい土が出ている。周りの山に比べてどうも雪の量が少ない。風が強いせいか、地熱が高いのか。
登っていると沢をはさんで朝日岳が見える。ここから見上げる朝日岳は、沢筋から一気に立ち上りなかなか堂々として見える。下山後立ち寄った”休暇村 那須”には、見事な紅葉に飾られた朝日岳が載ったポスターが貼ってあった。

夏道を歩いて峰の茶屋まで行くと、新しい避難小屋が建っていた。ここからまず茶臼岳に向かう。途中から少し雪が出てくるがたいした事は無く山頂に着いた。少しずつ雲が出てきたがまだ青空がのぞいていて、風が強いが寒くも無く、なんだかのんびりしてしまう。
茶臼岳を後にして峰の茶屋まで戻り、今度は反対側の朝日岳へ向かう。途中に雪の付いたトラバースが有ったが、雪が柔らかかったので特に問題にはならなかった。
朝日岳の山頂に着くと空は雲に覆われてしまい、相変わらず風が強いのですぐに引き返す。峰の茶屋に戻り、来た道を下った。
ロープウェイ駅の下から山道の踏み跡を見つけ、雪の上をどんどん下りゲートのすぐ上に出ることが出来た。

思ったより雪が少なく、ちょっと拍子抜けだったが、心配だった天気は下山まで持ち、ラッキーだった。


峠の茶屋から見た朝日岳
峰の茶屋手前

写真:甲谷
記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る