2001年3月24日:八ヶ岳・権現岳東稜



参加者:中谷・和田



3月24日(土)

今年の冬は成功体験が少なかった。
中谷の鹿島北壁、レベルは低いが私も甲斐駒坊主周辺が登れず、今年の冬はもう諦めが入っていた。
可能性のある権現東稜で締めくくりたく中谷を誘う。
美し森の駐車場で仮眠、権現が朝日に輝き出した。
6:50歩き出す。雪が多くズブズブ潜り歩きにくい。今日を逃すと欲求不満で雪の季節が終わってしまうので、気合を入れるがはかどらない。出合いの小屋で小休止。さあ、取り付きへ、谷に入りゴルジュを抜けると東稜の急な取り付きへの登りだ。今日の予定だとバットレス基部へ2時、頂上は5時、ツルネ東稜の下りはヘットランプ、これで何とかなると判断し、行動目標とした。
そのせいか、中谷がガンガンとばす。
ナイフリッジは腐った雪にブッシュが絡み付き、おっかなびっくりナイフリッジを辿る。
「ザイルがほしいよー、」と思ってもすたこら上る中谷はその気配はない。きっと時間を気にしているのだろう。やっとのことでバットレス基部へ、なかなか立派な壁だ。正面は垂直、左稜線がルートになっている。
バットレス基部をトラバースし、樺の木を確保点とし中谷が登り出す。

予定通り2時登攀開始。よし、これなら出合い小屋まで明るい内に行けるだろう。快晴微風最高のコンディション、テラスで中谷はアイゼン、プラブーツを脱ぎインナーで登り出した。
壁は全く雪も氷もなく夏と同じ状態だ。気分良くザイルが伸び中谷の体がスカイラインに映えている。
いよいよ私の番だ。アイゼンをガリガリいわせ、にじりより、途中、中谷のアイゼン、プラブーツをザックに詰めると結構な量になり息をきらせ1ピッチ終了。2ピッチ目も乾いた岩から終盤の雪稜へ、頂上が近づいてきた。
ゆっくり、ゆっくり噛み締め権現の頂上へ達した。
やっと目標を達成した。小さい目標かもしれないが思いのこもった頂上だ。ここは我々2人、おそらく西面は賑やかだろうが、この頂きは30数年の時間が経っていた。
我侭に付き合ってくれた中谷に感謝、さあ、後はガンガン下るだけだ。

ツルネ東稜を下り、小屋からヘットランプで駐車場へ、既に21時、今回も14時間行動と、充実した1日であった。

概略コースタイム
美し森駐車場6:30〜出合い小屋9:30〜東稜下部10:30〜バットレス基部13:30〜権現岳頂上16:00〜ツルネ17:00〜出合い小屋18:30〜美し森駐車場21:00


記録:和田



リコー山の会のホームページに戻る