2001年2月24日〜25日:八ヶ岳・大同心稜



参加者:和田・甲谷・中谷・小川・澤田



2月24日(土)・雨

タイム:美濃戸口11:55−美濃戸山荘12:45/13:30−赤岳鉱泉15:25

先週八ヶ岳に行った先輩から「美濃戸まで車で入れず、数十年ぶりで美濃戸口から歩いたよ」と言われ、今週は大丈夫だろうかと心配しながらの出発となる。
朝から降り始めた雨が、到着する頃には雪に変わっているであろうと思いながら美濃戸に向うが一向に雪になる気配も無い、おまけに午後からは晴れるはずの天気も、雨脚が強まるばかりでやむ気配が無い。
11:00美濃戸口に着くと案の定ゲートが閉まっていた。今回は雨の中を1H余計に歩くのかと思いながら、車を駐車場に入れ出発準備を始める。
美濃戸までは1Hの道のりである。美濃戸まで登れば雪と信じ、雨の中を黙々と歩く。
美濃戸山荘に到着すると、軒先は雨宿りの登山者でごった返していた。
30分ほど様子を見て出発。昨晩出発した和田・中谷組によって、既に天幕は赤岳鉱泉に建てられていることになっているが、フライを持って行かないと言っていたので、浸水しているかもしれないと言う不安でいっぱいであった。
15:25赤岳鉱泉に着くと、思っていたほど天幕がなく、この天気なので取り止めのパーティーが多かったのかと思ってしまった。 天幕は一部浸水していたものの、思っていたほどではなかった。
しばらくするとジョウゴ沢に行っていた和田・中谷組が戻って来て、久しぶりの賑やかな山行となった。


2月25日(日)・雪

タイム:赤岳鉱泉6:15−稜線8:45/9:00−硫黄岳9:45−赤岳鉱泉10:40,12:00−美濃戸口13:40

4:00起床。晴天を期待して起きたものの、あまり天気は芳しくない。雨が降っていないだけ良しとしなければと思い、出発準備を始める。
6:15出発。大同心稜に続くルートには、既に踏み跡があり、しばらくすると先行パーティーに追いつく。彼らはアブミをぶら下げていることから、大同心を登るのであろう。
大同心稜は、先シーズンのアイスクライミングの帰りに下ってきたが、相変わらず急だなぁと思いながら、黙々と登る。
大同心の岩が見えてきた頃、一瞬ガスが晴れ景色が見えるがまた消えてしまう。稜線に出たら吹雪いているかなぁ...
大同心の基部に着くと、先ほどのパーティーが登攀の準備を始めていた。我々はここからはルンゼを通って稜線に出ることになっている。あとわずかであるが、ここから先は慎重な行動が必要である。
8:45稜線に出る。予想通り横殴りの吹雪である。風の当たらないところを見つけ、しばらく休憩した後、硫黄経由で下山を始める。
硫黄岳山頂は、風の為かあまり雪が多くなかったが、通いなれたルートであるにも関わらず、横殴りの雪といつもより多い積雪で、下山ルートがわかり難くなっていた。
赤岩の頭から下は無風で暖かく、別世界のようである。
10:40赤岳鉱泉到着。今日は早く帰れそうである。
早めに下りて来たので、天幕でお茶タイムをとって、ゆっくりと下山準備を始める。
12:00赤岳鉱泉出発。あとは美濃戸口まで下れば終了である。
雪がたっぷりある為、いつもより速い足取りで下れ、13:40には美濃戸口に着いてしまう。
空が晴れ渡っている。今回の山行は天候には恵まれなかったものの、無事大同心稜を 登りきれたことに感謝しながら帰路につく。


記録:澤田



リコー山の会のホームページに戻る