2000年7月15日:丹沢・新茅ノ沢



メンバー:L中谷、澤田、小川



7月15日(土)
天候:曇一時晴
タイム:戸川林道駐車スペース9:15−入沢点9:25−終了点11:35−烏尾山12:00〜12:30−戸川林道駐車スペース13:20

前日の天気予報は不安な内容だったが、前線の北上が遅れたようで暑く沢のぼりにぴったりの日和だった。

烏尾尾根末端が戸川林道に接した所にある駐車スペースで、足回りの準備をして出発する。急な斜面に白いユリの花が一輪咲いていて、夏の訪れを感じさせる。戸川林道に入る前の秦野の民家の庭にも白いユリが咲いていたが、山のユリのように生き生きとしている感じがした。
新萱橋の手前から新茅ノ沢に下りる。

始めはいつも通りやや暗い沢を進む。先週の台風のせいか、水量は多いように感じられる。12mの大棚は左から巻いた。これを過ぎると明るくなり思い思いのライン取りで進んでいく。いつ来ても楽しい沢だ。
だんだんと冷たくなったような気がした沢の水が無くなると、チョックストーンの滝に着く。ザイルを出してもらったので思い切って登ることが出来た。この滝を越えるともう沢も終わりで、右へ上がる踏み跡が見えた。すぐに尾根の道に出て終了。

渓流シューズを乾いた靴に替え、道具をザックにしまった。烏尾山まで登り休憩する。沢から吹く風が涼しく気持ちいい。
のんびりとした時間を過ごし、烏尾尾根を下った。




記録:小川


リコー山の会のホームページに戻る