2000年5月3日〜5日:剣岳・早月尾根



参加者:和田・甲谷・中谷・澤田



総会の後の宴会で、GWはどうするか?と言う話題が出て「今年は剣に行こう!」と言う話が決まる。
小窓尾根! 久しぶりの山行なので辛いかなと思っていたが、まもなくして会の中で募集要項が出ると早月尾根となっている。
登山申請も受理され、あとは出発を待つのみである。
県警のホームページに積雪が載っていたが、馬場島:130cm・早月小屋:450cm・山頂:650cmであった。この時期なので、2月の西穂・西尾根でのラッセルのようなことは無いだろうと思う反面、雪があり過ぎるなぁと思いながらの出発となった。


5月3日(水)・曇->小雨->雪

高速ができたとは言え、神奈川から富山まではかなり遠い。延々車を走らせ、馬場島に到着する頃には5時になってしまっていた。
仮眠の後、8:45に出発する。
今日中に小屋まで着ければ、明日は山頂である。今日の目標タイムは6H、頑張りきれるかで明日の行動が決まってしまう。
馬場島からの急登を登りきった辺りから、登山道にもたっぷり雪があるようになる。しかしそこはそれ、GWの締まった雪なので順調に高度が稼げる。途中から雨が降りだし、2000mを過ぎた頃には雪となっていた。
14:20早月小屋到着。既に数張の天幕が設営されている。我々は混雑を避け、1段上に天幕を設営する。
雪の降り方が増してきている。天気予報を聞くと、明日は午後から回復だが、午前中までは荒れるようであり、明日は停滞になるかな?と思いながら眠りにつく。


5月4日(木)・雪->晴れ

5:00に起きると、天幕に雪が拭きつける音がする。外を見るとガスで真っ白である。これは停滞かな?と思いながら、体力温存の為にそのまま寝てしまう。
7:00過ぎに山頂に向う登山者の足音で目がさめる。数パーティーが山頂へ向ったようである。
外を見ると、向い側の尾根がガスの合間から一瞬見える。全体的に明るくなってきていることもあり、9時半を目処に我々も出発することにする。
9:15早月小屋出発。2600mくらいまでは急な登りが続く。ガスも晴れて来ないため、先が見えないことが難点である。
2600mくらいの地点であろうか、一本立てていると上の方からコールする声が聞こえる。ガスの切れ間から一瞬上の岩場をザイルを使って下りているパーティーが見える。どうやら獅子頭は間近のようである。
まもなくして獅子頭に到着する。雪がそこそこある為か、ザイルを出さずとも登れてしまう。
カニのハサミも、雪が詰まっていてキックステップで登っても不安が無い状況であった。
13時山頂到着。祠も何もかも雪の下のようである。残念なことに景色が無い。しばらくすると立山側のガスが途切れ、立山が見え隠れするようになる。
天気予報は午後からは晴れ! 的中である!



山頂には15分の滞在であったが、視界はみるみる広がってくる。何とラッキーなのだろうか.....
13:15下山を開始する。自分たちが登って来た早月小屋までの尾根が全貌を現している。15:30早月小屋到着。
能登に沈む夕日が綺麗であった。




5月5日(金)・晴れ

今日は馬場島まで下るだけである。
雪が腐ってくると歩き難い為、早めに出発し帰ることとなった。
6:45出発。今日は山頂側もすっかり晴れ渡っている。今日登るパーティーは素晴らしい眺望を楽しむことだろう。
辛かった登りも下りは楽々と言いたいところだが、久しぶりの山行の為か皆からは遅れっぱなしであった。
9:30馬場島到着。
帰りの車窓から眺める剣岳がひときわ綺麗であった。

記録:澤田

写真:甲谷


リコー山の会のホームページに戻る