聴覚障害者に「話しかける」場合、どのようにするのがいいのでしょうか?

いきなり肩を叩くなどすると「びっくり」する人もいます。 障害者の見える場所(前に立つなど)して、目を向けてもらうような 動作・方法をすることからはじめましょう。 その後は、筆談、口話(唇を読む)、手話など 障害者によって対応はまちまちですが、 わかり合おうとする気持ちが大切です。 病院などでは、看護婦さんが肩を叩いて知らせたり、 紙に書いて呼びだしをしているようです。 「Q:耳のそばで大声を出せばわかるの?」 も参考にしてください。