Black Rams - RICOH RUGBY FOOTBALL TEAM -

放課後ラグビープログラム Vol.12

2015.01.23

第12回目「集大成」 

今回は、今までのレッスンの復習とゲームという流れで行いました。
また、最終回ということもあり、コーチたちも、それぞれのチームに参加し一緒にゲームを楽しみました。
どの生徒もラグビーの理解が深まり、プレーヤーたちが協力して、質の高いゲームを見せてくれるようになりました。
コーチからの質問に対しても的確に答えてくれるようになったことに驚きました。

今回の放課後ラグビープログラムで学んだことを活かしてこれからもラグビーを楽しんでください!!

参加指導者

メインコーチ アシスタントコーチ
川合 レオ 田沼 広之
サポート サポート サポート
森谷 和博 大山 大地 津田 翔太

これまで参加したコーチからのコメント

田沼 広之

『リコーブラックラムズのホームグラウンドで、心からラグビーが大好きなみんなと一緒にラグビーができ、大変嬉しく思います。

3ヶ月間で12回のプログラムを実施しました。回を重ねるごとに成長・進化していくみんなの姿に感動しっぱなしでした。

これから先も元気にラグビーを楽しみ、多くの仲間と出会い、素晴らしい毎日を過ごしていってください。

近い将来、またグラウンドで一緒にラグビーをしましょう!みんな、ありがとう!』

岡崎 匡秀

『今回放課後ラグビープログラムへ参加させてもらい、みんなのコーチの話を真剣に聞く姿や一生懸命に取り組む姿勢やをみて大変嬉しく思いました。

色々なチームが集まっての合同練習でしたが、今回知り合った仲間を大切にし、時には競い合いながらこれからもラグビーを楽しんで下さい。』

武川 正敏

『皆とても意欲的に取り組んでいて、且つ楽しそうにラグビーを学んでいる姿を見れてとても嬉しく思いました。

これからも色々なプレーを吸収して上のステージを目指してプレーを楽しんでください。』

森谷 和博

『あっという間の3ヶ月でしたが当初集まったときと比べ、ラグビーのスキルはもちろんラグビーの仲間として生徒の皆さんが打ち解けていく時間を共有できたことを本当に嬉しく思います。

楽しんでラグビーを続けていればどこかの会場やグラウンドで今回出会った仲間に再会すると思います。
そんな出会いを大切にこれからもラグビーを思いっきり楽しんでください。』

大山 大地

『放課後ラグビープログラムでは自分がラグビーを始めた時と集まった中学生を比べ只々驚いていました。

パススキルやランニングスキル、タックルの勢いなど全体のレベルが高いだけでなく、教わるスキルに対して体で覚えるだけでなくキーポイントはどこになるかをしっかりと覚えていて、川合コーチに聞かれたときも一人ひとりが答えれていました。

川合コーチのコーチングではスキルを指導するだけでなく、ラブビーの原則 「ボールの争奪」⇒「前進」⇒「支援」⇒「継続」⇒「圧力」⇒得点orボールの奪取 を意識させることで、ゲーム形式の練習でも生徒が迷い無く動くことが身についたと感じました。

今回OBながら参加させていただいて川合コーチや田沼さん、森谷さん、リコー関係者の方には感謝しています。
みんなとプレーする楽しみやコーチング難しさ、川合コーチや田沼さん二人のまとめ言葉では代表のことだったり、それまでになにが必要だったのかなどラグビーを離れた自分でさえ学ぶことが多いものでした。

これからも是非放課後ラグビーを続けてもらい、中学生たちが後の日本代表、リコー選手になれればと思います。』

津田 翔太

『私は第11回、第12回のプログラムにサポートコーチとして参加をさせていただきました。

このような貴重な経験をさせていただき、関連区の皆様には大変感謝をしております。

プログラムへの参加は2回のみでしたが、
生徒たちが、前回の練習でできなかったこと・さっきまでできなかった小さなスキルなどを身に付けた瞬間は、
私自身もそこに楽しさややりがいを感じることができました。

生徒みんながいきいきとした表情を浮かべながらラグビーをしていたのを見て、
来年、再来年と「放課後ラグビープログラム」が継続して実施されることを願うとともに、
そこから日本を代表をする選手が出てきてほしいなと思っています。

日本ラグビー全体がさらに発展・向上していけるよう
私も微力ながらではありますが色んなかたちでサポートしていければと思います。

ありがとうございました。

FOR ALL』

PAGE TOP