Black Rams - RICOH RUGBY FOOTBALL TEAM -

トップリーグ 2015-2016 第5節 近鉄ライナーズ戦レポート

2015.12.17

ディフェンスに粘り、アタックに切れ味。リコーのラグビーの片鱗見せた前半

連敗のトンネルでもがくリコー。リーグ戦7連戦は瞬く間に進み、4戦を消化。残り3試合となった。第5節は近鉄ライナーズとのゲーム。昨シーズンの2ndステージ、今シーズンのプレシーズンリーグと続けて勝利している相手からの勝利を目指し、PR柴田和宏、LO馬渕武史、生沼知裕、SH中村正寿、CTB小浜和己、WTB深津健吾、星野将利と今シーズン初先発となる選手を多数配した。試合前の練習でも馬渕や小浜が率先して声を出し、チームの士気を高めている。勝利を誰よりも求めているのは選手たちであることが伝わってくる。

大阪・花園ラグビー場は晴れ風も微風。好コンディションの中で試合が始まる。キックオフは近鉄。4戦続けて先制を許しているリコーは、今度こそ先にスコアしたい。

リコーはハーフウェイライン付近のラインアウトからアタック。しかしPR藤原丈宏に襲いかかった近鉄がターンオーバー。4番が深くリコーゴール前にキックを蹴り込むと、飛び出した14番とWTB深津が追いかける。深津がゴールライン上で先にボールに追いつくがボールの確保はならず、近鉄ボールのラックに。ラックサイドを縦に突いた1番が左中間にトライ。CGははずれ0-5。(1分)

再開。リコーはラインアウトを失うが、自陣でボールを展開した近鉄がノックオン。さらに近鉄陣内15m付近のスクラムを近鉄が落とすと、NO.8マイケル ブロードハーストがタップしてリスタート、左中間を攻める。22mライン付近まで前進する。左サイドから中央に戻すとSOバーナード フォーリーが浮かせたキックを裏に蹴る。これはキャッチされたが、その前のプレーで近鉄にノットロールアウェイの反則。ほぼ正面からのPGをフォーリーが決めて3-5。(7分)

ここからハーフウェイライン付近での攻防が続く。リコーはここ数試合とは違う前に出るディフェンスでアタックを止めていく。しかし、ハイパントを落としノックオン。さらにスクラムを崩されPKでゴール前まで攻め込まれる。

ラインアウトでリフターを倒しにいったとしてリコーにペナルティ。アドバンテージが出た状態で近鉄が攻める。ゴールライン上への浮かせたキックをCTB小松大祐、FBピータースダニエルがキャッチにいくが交錯。ボールはWTB星野が処理したが、小松とピータースは互いの頭をぶつけ出血。小松との交替で高平拓弥がグラウンドへ。FBに高平、CTBにピータースが入る。(13分)

PKをもう一度蹴り出した近鉄が、右サイドゴール前ラインアウトをキープすると、タッチライン側に選手が一斉に集まりモールを組んで一気に押す。リコーはこれに対応できず6番にトライを許した。CGははずれ3-10。(14分)

再開すると、リコーはキックとディフェンスのプレッシャーで近鉄の前進を阻む。するとLO生沼が、近鉄陣内15m付近からのキックをチャージするビッグプレー。さらに左中間に飛び出してボールをセーブ。サポートに走ったLO馬渕がボールを拾い、右中間のCTBピータースに長いパス。ピータースはキックパスを選択。右サイドに浮かせたキックを蹴ると、これにWTB星野が反応。ゴールまで5mの位置でボールに飛びつくと、グラウンドで前転してすぐに立ち上がり右隅インゴールに飛び込む。鮮やかなアタックで8-10。CGも決まり10-10と追いついた。(17分)リコーは初戦NTTコム戦の前半以来続いていたビハインド状況を脱した。

ハーフウェイラインを挟んだ攻防が続く。しかしFB高平のハイパントを受けた相手14番が攻め上がると、止めにいったリコーにオフサイドの判定。PKでリコー陣内22mライン付近まで攻め込まれる。

近鉄はラインアウトモールで押すがリコーはこれを止める。展開する近鉄に対し、リコーは落ち着いてディフェンス。よく我慢していたが、倒しにいったタックラーが手を離せずホールディング。近鉄が正面やや右のPGを決めて10-13。(25分)

リコーは敵陣ラインアウトで反則。PKで自陣侵入を許すが、ラックでターンオーバーしアタックに転じる。SOフォーリーが右サイドを突き、外のWTB星野につなげば一気に裏に抜けられそうだったが、惜しくもパスがつながらずノックオン。

この後もリコーは安定したディフェンスを維持する。ディフェンスしながら相手を後退させていく、ここまでの試合ではあまりなかった展開に持ち込む。状況を打破すべくディフェンスラインの裏へキックを蹴る近鉄。リコーはこの処理でノックオン。22mライン内側の相手ボールのスクラムというピンチを迎える。(31分)

スクラムから展開し攻める近鉄。リコーはこれに冷静に対応し、うまく数的優位をつくって相手を追い込む。大外左サイドに回し勝負した近鉄だったがタッチラインを踏む。

しかしリコーはこの攻防でPR柴田、HO滝澤佳之、LO馬渕が出血。大川創太郎、マウジョシュア、カウヘンガ 桜エモシに一時交替。(33分)

メンバーが大幅に入れ替わったが、ラインアウトをキープ。SOフォーリーのインゴールからのタッチキックでエリアを押し戻す。さらにラインアウトを奪うと、またアタックに転じる。展開し左サイドを攻めて22mラインに迫る。激しいディフェンスに遭いボールを失ったが、自陣浅めのラックでLO生沼がジャッカルしターンオーバー。展開しハーフウェイラインを越えて攻めるが、速いパス回しがうまくつながらず再びボールを失う。ここで柴田、滝澤、馬渕が戻る。(37分)

ホーン後、リコーは自陣から攻めるが近鉄がハードなタックルを続けて決める。不利なラックになだれ込んだリコーに倒れこみの反則。ほぼ正面からPGを決められ10-16。

最後に惜しい失点をしたが、リコーはディフェンスではよく粘り、アタックに転じた際は切れ味を見せた。

ナナイウィリアムズがTL初トライ。しかし後半は粘り切れず

後半はリコーのキックオフで開始。リコーは自陣でノックオン。中央10m付近の近鉄ボールのスクラムとなる。展開すると7番がギャップを抜け左中間をゲイン。リコーのディフェンスがやや混乱すると、今度は右中間を15番が突破。一気にゴール前までボールを運ばれる。

右サイドにラックをつくった近鉄は人数を余らせたラインに展開。CTB小浜がパスを阻みに行ったが届かず、パスを受けた12番が左中間にトライ。CGも決まり10-23。(3分)前半に続き、開始直後に失点を喫した。

しかしリコーはすぐさま相手のペナルティを突いてゴール前に攻め込む。円陣を組んで気合いを入れたFWが、右サイドラインアウトからモールでトライを狙う。一旦対応されたが塊となって押し込みゴールラインが迫る。しかしユーズイットの声がかかり、ボールを出さねばならなくなる。ラックから出てきたボールをSH中村が拾うがタックラーが迫る。走り込んだWTB星野にパスするが惜しくもつながらずノックオン。リコーは大きなトライチャンスを逃した。(8分)

リコーはここでNO.8ブロードハーストをコリン ボークに、SH中村を山本昌太に、SOフォーリーをティム・ナナイウィリアムズに入替。(10分)

ハーフウェイライン付近のラックで近鉄がターンオーバー。これを起点にアタックし22mライン付近まで前進。リコーはやや食い込まれ厳しいディフェンス。ついに正面の位置で倒れこみの反則。近鉄がPGを決めて10-26。HO滝澤に替えてマウ。(12分)

もうこれ以上の失点は許されないリコー。流れを変えるトライをなんとしても奪わなければならない局面となる。

ここで期待に応えたのがSOナナイウィリアムズ。近鉄がキックオフの返しをタッチに蹴り出し、リコーは22mライン手前のラインアウトから展開。するとナナイウィリアムズがCTB小浜とループプレー。小浜にパスを出し、その外側に走り込んでボールを受け、ギャップを突破。スピードに乗ってゴール前へ。ゴールライン手前で倒されるが、ボールはこぼさず後ろ手でポスト左のゴールライン上にグラウンディングに成功。鮮やかなランニングにスタンドが沸いた。来日初トライで15-26。CTBピータースがCGを決めて17-26。(15分)

ここでPR藤原を辻井健太、柴田を大川、LO馬渕をカウヘンガに入替。9点差としたリコーが追撃態勢に入る。

自陣スクラムでペナルティを獲り、CTBピータースのキックで22mライン付近まで前進。しかしラインアウトが真っ直ぐ入らず近鉄スクラムに。ここから押し戻され再び自陣へ。さらにラックでのペナルティでタッチキックを蹴られ、ゴール前に攻め込まれる。試合の流れの分岐で、リコーにミスが相次ぐ。

モールで押し込む近鉄。リコーはこらえる。持ち出した相手8番を倒しジャッカルにいくが、近鉄の寄せがはやくリコーにハンドのペナルティ。再びラインアウトからモール。崩れかけたところでSH山本がボールを持った選手につかみかかり止めにいくが、これが故意のオフサイドだとして一時的退出処分を科される。

もう一度ラインアウトモールを組んだ近鉄に対し、リコーはまたもオフサイド。横から入ってしまう。実に4度目のラインアウトは、ボールが出ずスクラムに。ゴール前右サイドのスクラムから、狭いサイドを9番が突く。FL福本翔平が捕まえにいくが、内側をサポートした8番に戻されインゴールに飛び込まれた。CGも成功。リコーは痛すぎる失点を喫し17-33。(27分)

トライを狙っていきたいリコーだが、SHを欠いた状態でアタックのテンポが出ず、自陣を脱出できず苦しむ。ボールがこぼれ近鉄に入るとアタック。リコーはゴール前までじりじり下がり、1番がポスト左にトライ。CGも決まり17-40。(33分)ここでSH山本が戻る。

リコーは力を振り絞ってアタック。右サイドをSOナナイウィリアムズ、NO.8ボーク、FB高平とつなぎ右サイドをゲイン。22mラインまで前進するもつかまってノットリリースザボール。自陣に戻されると、ノットリリースザボールを奪い返してもう一度攻め込む。(37分)

近鉄陣内右サイド10mのラインアウトは、近鉄が触るが跳ね返ったボールをHOマウがキャッチ。タッチライン際を抜けFL福本につなぐ。福本もさらにボールを運ぶ。ゴールライン目前で倒されるが、サポートが入りラックに。LOカウヘンガが拾い低くグラウンディング。テレビジョンマッチオフィシャルを経てトライが認められた。CGは外れた。22-40。(38分)

ラスト1分、さらにホーン後、リコーは4つめのトライを狙ったが自陣から脱せずノーサイド。ディフェンスの改善への意識、ここまでも可能性は見せていたアタックで試合をつくったが、試合を通じてパフォーマンスを保つことができなかった。これで開幕5連敗。第5節を終え、リコーはグループA上位4チーム入りの可能性が消えた。9位以下が決定し、後半戦は9~16位決定トーナメントに回ることが確定した。

「最後まであきらめずに戦うという皆さんとの約束を守りたい」(神鳥裕之監督)

神鳥裕之監督

まだ1勝もできていない苦しい状況の中で、なんとか這い上がろうと試合に臨んだんですが、前節からつまずいているディフェンスのところで、簡単にトライラインを破られてしまいました。悔しいです。ただリーグ戦は続きますので、切り替えてサントリー戦に向かいたいと思います。今日はありがとうございました。
(簡単にトライをされてしまう原因はどこに?)試合の流れの中では規律を守ってディフェンスもしきれた部分もあったんですけれど、結果的には1人ひとりのタックルの精度、ブレイクダウンに入る人数の判断、このあたりの小さなミスの積み重ねでトライを奪われていると思います。できていた時間もありましたので、そういう時間をどれだけ長くできるか、80分間に近づけていけるかが課題になってくると思います。(相手の倍以上の反則をしてしまったが?)結果的に近鉄さんのプレッシャーが強かったといってしまえば一言ですが、規律を守ってディフェンスすると言いながら1人目のタックルの精度が悪いことでゲインラインを下げられ、後手後手になって反則してしまう。あとは苦しんでいるラインアウトモールを狙われて、ゴールラインのそばで反則を犯してしまったというのは今日の反省です。(ナナイウィリアムズ選手の先発起用は?)外国人は2人までなので、現時点では後ろからという形になるのですが、当然コンディションを見ながら、チームの流れを変えるために先発から使う可能性もあるかと思います。
(前半はホーン後の失点がなければ10-13と僅差。ここ数試合に比べ改善もあったのでは)前半のディフェンスに関してはよくできている評価していました。このパフォーマンスで引き続きやりたかったんですが、80分続かないのが今のチームの現状を表していると思います。今日はメンバーを変えたりしましたし、この1週間は当然トレーニングでディフェンスの確認に取り組んできましたので、少しずつ成果は出ていると思います。【以上共同記者会見にて】

(メンバーをかなり入れ替えた。込めた狙いがあれば)過去4戦結果が出ていません。選ばれていた選手たちは一定の信頼をつかんでプレーをしてくれていたのですが、この流れを変えるという意味で、このタイミングで新しいメンバーを交えてみようと。前半のディフェンスは我慢してよくやってくれていたんですけど、後半に入ると我慢しきれなかったですね。
(それでも前に出て止めるシーンはこれまでより多かった)最初の1人目がしっかり止めれば良い循環が回ってくるいうのを念頭にトレーニングをしました。あとは戦術面でポゼッション(ボールの保持率)を高める。これまではコンテスタブルな(きわどい)キックを蹴り、そこでイーブンボールを勝ち獲ってアタックでチャンスを見出すという考えもあったのですが、パナソニック戦、東芝戦でそれがうまくいかなかったので、中盤のゾーンなどではボールのポゼッションを上げるという選択肢を増やしました。それによってアタックの機会も増えてくると考えて。でもそうはいっても前半はバーナード(フォーリー)の判断でキックをうまく使っていたので、後半はもう少しポゼッションを上げる指示をしたんですが機能しなかった。難しいところですね。
(好調のCTB小松が前半で抜けたり、後半はSHなしで戦う時間もあるなどトラブルも多かった)流れを変えられなかった。ティム(ナナイウィリアムズ)が入っていいトライを獲ってくれて。あそこで1つ、2つペナルティを獲って点差を詰められれば流れが変わっていたかもしれない。あそこで反則してタッチキックでゴール前に釘付けになって。自分たちで自分たちを苦しめてしまった。
攻撃の方向性、ディフェンスの自信、このあたりがはまり出せばチームの雰囲気も変わると思うのですが、一度狂い出したものを直すのは難しい。ここまで負けが込むとチームも元気なくなるんですけど、そんなこと言ってられません。最後まであきらめずに戦うというのはシーズン前に皆さんと約束したこと。前を向いて戦います。

CTB小浜和己ゲームキャプテン

今日はありがとうございました。今日は勝ちに来たのですがこんな状況になってしまって悔しく思います。でも気持ちを切らさずに今日出た課題をしっかり来週1週間見つめ直して、サントリー戦にぶつけたいと思います。今日はありがとうございました。【以上共同記者会見にて】

準備はずっとしていて、気合いも入ってました。前半のディフェンスはよくて、練習でやってきたことが出せていたんですけど、細かい個人のタックルのところからほころびができて、そこから簡単にトライを獲られてしまった。システムは問題ない。個人のミス。無駄なペナルティが多かったというのはありますが、前半は思うようにできていた。(選手の入れ替わりも激しかった)小松さんが負傷して、ダニエルが不慣れなポジションやらなければいけなくなったのは大変でした。でもよくやってくれたと思う。(ゲームキャプテンとして、リーダーとして思うことは?)ミスが1つ起きたときに、切り替えようってなるんですけど、同じ方向を向いて立ち返れていなかった。そういう部分をリーダーとしてもう少しうまく伝えられればよかった。小さなほころびが大きなほころびになってしまった。ミスを減らすと口にするのは簡単なんですけど、もっとシビアにとらえて。残り2戦、しっかり勝ちにいく戦いをしたいです。

PR柴田和宏

今まではリザーブからが多くて、自分が入ったらチームに元気が出るようにやろうと思ってやっていました。今日は先発でしたけどやることは一緒と思ってやっていました。(入れ替わりも多かったが、ディフェンスに影響も?)それは言い訳になる。でもここ数試合よりはディフェンスは良い部分があった。ミスの回数も少なかったし、精度がよくなっているのは実感しています。(前半と後半何が違ったのか?)後半の立ち上がりのところでミスがポンポン出て修正しきれなかった。(スコアが開いたことの影響?)点差が開いて緊張感が切れたとかはない。悪い部分を1つずつ修正したい。顔上げていきます。

LO馬渕武史

ケガの間も出るイメージを持って練習していました。フルのコンタクトができるようになったのは2週間前。チームは開幕戦を思うような形で戦えず、ずるずる来ちゃっている。本来の力が出し切れていない部分があるのかなと。(例年との違和感みたいなものは?)どこがすごく悪いというよりも流れが悪い。あくまで選手目線ですが、チームの雰囲気や姿勢も悪くはない。結果が結果なのでゆるんでいる部分があるのかもしれませんが。でも上を向いていままでやってきたことを信じてやることが大事だと思う。(前半は粘れた)そうですね。あれが80分できればどことでも戦えると思う。先週1週間は本来の前に出るディフェンスを取り戻そうといってやってきたので。(これまでの試合でうまく前に出れなかったのは?)ディフェンスラインに立つ人数が少なくて、前に出れないのかなと感じていました。今日の前半は相手の人数に合わせて人が立てていたと思う。
(課題のモールディフェンス。今日は1本獲られたが)1度は止めたかなと思ったけれど、やられてしまった。ただ先週は1人ひとりが違うディフェンスをしてしまっていたけれど、今日はチームとして役割を決めてディフェンスできていたと思います。(後半はうまくいっていた前半と何が違うのか)なかなか自陣から脱出できなかった。これは個人的な感想ですが、自陣から攻めすぎたかなと。ミスが出て、トライラインに近いところで相手にボールを渡してしまったなという思いはあります。

NO.8コリン ボーク

(FWとして後半に出場し、いいインパクトを与えている。)それがコーチたちのプランだと思いますので。途中から出てチームにエネルギーを与えられるようにプレーしています。(SOとして、NO.8として、真ん中からチームを見ている。なかなかうまくいかない原因はどこに?)ちょっとわからない。これというのは難しい。みんなも頑張っているし、トレーニングもよくできている。報われていないだけ。理由は1つに絞れないです。ディフェンスではミスタックルが出て、そこから相手のテンポが上がってスコアにつながっている。大きくはないミスが、大きなものに変わってしまっていると感じている。1個のミスタックルが7点になるということもあるので。
努力はしているんだけど、うまくピースがはまらないというかね。でも僕らはギブアップしない。トレーニングをこれまでと同じように一生懸命続けていきます。試合でうまくいくように。マダマダネ。(日本語で)

FB・CTBピータース ダニエル

最初にトライは獲られましたが、前半のディフェンスは良かった。良い雰囲気で戦えていました。相手にプレッシャーがかかっていました。でも後半はかかっていなかった。こちらは良いプレーもあったけれど、そのすぐあとにミスやペナルティが出る。自陣でも敵陣でも。相手には(相手にとって)良いプレーのあとに良いプレーを続けられて、簡単にトライを獲られてしまった。いつもバックトゥバックはやめよう、1度のミスはしょうがないけれど、2度続けるのはやめようと言っているんですが。
(アタックではいい形のトライも)でも相手のプレッシャーとは関係のない自分たちのミスが今年は多い。今日もそう。減らさないといけない。
(チームの雰囲気は?)もう負けることに飽きている。とにかくリコーのラグビーをやること。それができれば勝てる。プランは今のリコーに合っていると思う。でも選手がそれを実行できていない。もちろん実行する意欲はあるのですが、うまくつながっていない。(今日もゲームプランがうまく守れなかった部分はある?)もう少しキックを減らしボールキープするのがプラン。ただキックはいいキックだったので、問題はなかったけれど。

PAGE TOP