BlackRams NEWS

レポート

2013-2014 トップリーグ 2ndステージ第4節 対 近鉄ライナーズ

近鉄の激しいプレッシャー。我慢の前半

photo

 13時、快晴の千葉・フクダ電子アリーナで、トップリーグ101試合目の出場となるSO河野好光のキックで試合が始まる。落下地点でこぼれたボールが、寄せていったHO滝澤佳之に入る。滝澤はこの試合がトップリーグ100試合目の出場だった。

 リコーは敵陣浅めのエリアで展開。右サイドを走ったWTB長谷川元氣へのパスで突破を図るが惜しくもつながらずタッチを割る。

 ボールを得た近鉄がアグレッシブなアタック。リコーも良いディフェンスを見せノックオンを誘うが、スクラムでボールを奪われ左サイドでビッグゲインを許す。

 リコー陣内に侵入した近鉄は、22mライン内側のラインアウトからモールで押す。この攻防でペナルティを奪ったリコーのスクラムとなるが、リコーはスクラムでターンオーバーを許す。4分、近鉄はゴール前でラッシュをかけると、8番がトライ。コンバージョンも成功し0−7と先制した。

 さらに8分、自陣からキックカウンターを仕掛けた近鉄は中央をリコー陣内10mライン付近まで前進。さらにアタックを継続すると、必死に守ったリコーが相手のパスをはたき落とすインテンショナルノックオン。近鉄は右中間22mライン手前からペナルティゴールに成功し0−10。リードを広げた。

 試合の入りでペースを奪われたリコーの反撃は11分。自陣に蹴り込まれたキックの処理で手間取り、プレッシャーをかけられるが、タッチラインぎりぎりの位置でボールに飛びついたSH山本昌太がパスをつなぐと、逆にギャップを突いてCTBリキ フルーティが左中間を突破。さらにHO滝澤、FL武者大輔がボールを前に運び敵陣に侵入。

photo

 22mライン手前にポイントをつくると少し下げSO河野がライン裏へゴロキック。WTB長谷川、FB星野将利がグラウンディングを狙ったがこれは処理される。しかし直前の攻防で近鉄にオフサイドがあり、ボールを戻したリコーはほぼ正面約40mの位置からペナルティゴールを狙う。これは外れた。

 直後リコーは反則で攻め込まれるが、自陣スクラムからCTBフルーティのキックで前進。右サイドハーフウェイライン付近のラインアウトからFL武者、NO.8コリン ボークが中央を突く。激しいアタックに近鉄がホールディングの反則。リコーはタッチキックを蹴り22mライン付近まで前進する。

 左サイドのラインアウトから展開すると中央を再びNO.8ボークが縦の突進。さらに右へ展開し走り込んだFB星野がゲインする。ゴール前まで前進すると、リコーが中央でアタック。しかし荒々しいディフェンスに遭い我慢比べに。17分、近鉄にノットロールアウェイが出て、リコーはショットを選択。ほぼ正面からSO河野がペナルティゴールを決めて3−10とした。

 リコーは22分、キックを蹴り込むと、自ら攻め上がろうとした相手選手にプレッシャーをかけると、ミスを突いて前進。敵陣左中間22mライン手前でスクラムを得る。ここで負傷したPR柴田和宏が高橋英明と交代した。

 広いサイドにボールを出し中央をアタック。ここで守る近鉄が反則を犯すと、すかさず速攻を仕掛ける。今度はノット10メートルバック。リコーはスコアを優先し、ゴール目前ほぼ正面のペナルティゴールを決めて6−10とする。

 ここからはハーフウェイライン付近から近鉄陣内でのプレーが続く。うまく攻め込んだリコーは22mラインの内側でスクラムを得てゴールに迫ったがオフサイドでエリアを奪い返された。

photo

 ペナルティキックを蹴った近鉄は、右サイドゴールまで約30mの位置からラインアウトを入れアタック。中央を破ってゴール前に迫ると右に展開。ここでリコーに痛いタックルミス。ディフェンスラインを突破されると31分、右中間に14番がトライ。コンバージョン成功。攻め込みながら獲りきれずに終わった直後に失点する嫌な展開。6−17と再び点差が開く。

 前半終盤、リコーはトライを奪うべくボールをつなぎ攻める。だが、あと一歩のところで決定機とならない。しかし40分、SO河野のライン裏へのゴロキックなどで敵陣に侵入すると、右サイド22mライン付近のラインアウトから展開しゴールに迫る。すると守る近鉄がハイタックル。リコーは正面やや右からペナルティゴールを決めて9−17。トライは奪えなかったが、しぶとくスコアして前半を終えた。


ピックアップ