BlackRams NEWS

レポート

2013-2014 トップリーグ 2ndステージ第3節 対 NTTドコモレッドハリケーンズ

「結果」がリコーにもたらした自信、確かめる試合に

 快勝でトンネルを抜けたリコーが迎える2ndステージ第3節は、2試合連続で1点差の敗戦を喫し、背水の陣を敷くNTTドコモとの対戦。待望の勝利で得た自信はリコーを変えたのか。強い意思で立ち向かってくる相手にも、ぶれずに自分たちのラグビーを見せられるか。2ndステージを見通す上で、重要な一戦となった。


 風上にNTTドコモ、風下にリコーが陣取った前半はNTTドコモのキックオフで始まる。

photo

 2分、ハーフウェイライン付近のラインアウトから展開したNTTドコモがアタックを仕掛ける。リコー陣内10mライン付近での攻防となるが、ディフェンスするリコーがノットロールアウェイ。NTTドコモはショットを選択。正面やや右約40mのペナルティゴールを決めて0−3とした。

 再開後、互いにキックを蹴り合うと、NTTドコモがラインアウトからのアタックでノックオン。リコーは5分、自陣浅めのスクラムを得る。

 ここからキックを蹴りこむと、攻め上がろうとする相手にプレッシャーをかけ、ボールをこぼさせターンオーバー。ハーフウェイライン付近からアタックに転じ、フェイズを重ねていく。

 さらにNTTドコモにハンドの反則。ここでリコーはタッチを狙ってペナルティキックを蹴り込むが、これがタッチを割らず、風上からキックを蹴り返されエリアを失った。

 だが、NTTドコモのパスがスローフォワードとなり、ハーフウェイライン付近でスクラムを得るとSH山本昌太がギャップを狙う。ここでNTTドコモに倒れ込みの反則。9分、リコーはタッチに出し、右サイドゴール前ラインアウトから攻め、22mラインの内側へ入ろうとFL武者大輔らが縦の突進をみせていく。しかし、ラックに横から入るペナルティを犯す。NTTドコモはペナルティキックを蹴り、ハーフウェイラインを挟んでキック中心の攻防となった。

 14分、ハーフウェイライン付近のスクラムからNTTドコモがボールを後ろに出すとこのパスが乱れる。リコーは素早くプレッシャーをかけ、ボールを奪いにかかる。NTTドコモはタックラーをかいくぐってボールを回しキックを蹴り込むと、リコーはFB星野将利が拾いタッチキックを蹴る。しかしこれは距離が出なかった。

 NTTドコモは中盤のラインアウトからハイパントを上げる。リコーはWTB長谷川元氣が飛び出してキャッチ。自陣からアタックを仕掛けるが、チェイスしてきたNTTドコモの選手とのブレイクダウンで、サポートに入った選手にオフサイドの判定。17分、NTTドコモは左中間約30mのペナルティゴールを狙うが、これは外れた。一進一退が続く。

 リコーはドロップアウトをNTTドコモ陣内に蹴りこむと、ボールを持って攻め上がった選手をハーフウェイライン付近で捕まえてターンオーバー。リコーはこのボールをつないでアタックを仕掛ける。WTB小松大祐が左サイドを突きポイントをつくると、ワイドにアタックを繰り返し、22mライン付近までボールを運ぶ。しかし倒れ込みの反則でボールを失った。

 リコーがチャンスを生かせずにいると、逆にNTTドコモがペナルティキックでリコー陣内に攻め込み、22mライン手前のラインアウトからアタックを見せる。

 21分、NTTドコモは中央から右サイドにフラットな長いパスを通し、11番が右隅にトライ。コンバージョンは外れたが0−8と点差を広げた。

 スコアはされたが、フォワード戦では優勢に戦っていたリコーは、ハーフウェイライン付近のラックで再びターンオーバー。ワイドにボールを動かし揺さぶりをかけると、SH山本がパントを上げチェイス。NTTドコモが蹴り返すがタッチを割り、リコーはハーフウェイライン付近でラインアウトを得る。

photo

 これをキープして展開。ワイドにボールを回しギャップをつくりにかかる。27分、左サイドを攻め、頃合いを見て逆サイドにパスを展開、SO河野へ。河野は少し乱れたパスをうまくさばくスキルを見せ、右中間に走り込んだWTB長谷川にパスを通しラインブレイク。さらにNO.8コリン ボークにつないで前へと運ぶと、最後は右サイドタッチライン際をフォローしたFB星野将利がインゴールへ達し右中間にトライ。コンバージョンは外れたが5−8と点差を縮めた。

 再開後、NTTドコモがセンタースクラムで反則。リコーはペナルティキックを蹴り22mライン付近のラインアウトにする。フェイズを重ねチャンスを待つと、左中間をLOロトアヘア・ポヒヴァ大和が縦に突く。しかしボールがこぼれターンオーバー。NTTドコモはキックを蹴るとこれがよく伸び、リコー陣内22mラインの内側に転がった。

 33分、反応して攻め込んだNTTドコモはハーフウェイライン付近でターンオーバー。さらに中央を突破しライン裏へ抜ける。22mライン付近でパスをつなぎ最後は7番が正面にトライ。コンバージョンも成功し5−15と再び点差が開いた。

 リコーはトライ直後の痛い失点を喫したが、前半の終わりにチャンスを迎える。37分、キックオフボールをチェイスしてプレッシャーをかけると、NTTドコモがやや無理な体勢で蹴ったキックを、最終ラインのFB星野がキャッチしてカウンターアタック。

 出足よく飛び出してきたNTTドコモのディフェンスに捕まるが、ボールをつなぎ、ラックサイドのギャップをSH山本が右中間を突破。ステップを切って最終ラインを翻弄するとゴール間近まで迫る。

 追いついた互いのチームの選手がゴールまで残り5mのところで激しくぶつかりあう。しかしNTTドコモにオフサイド。リコーはスクラムを選択し、正面の5mから押す。押し込まれた相手フォワードがぶつかりポストが揺れる。

 リコーはここで獲りきろうと激しく攻めたて、最後はLOロトアヘア・ポヒヴァ大和が中央にグラウンディングしてトライ。終始追いかける展開を強いられたリコーだったが、最後に意地を見せ12−15で前半を終えた。


ピックアップ