BlackRams NEWS

レポート

2011-2012 サテライトリーグ 対 東芝ブレイブルーパス

前日とはうってかわって快晴のサテライトリーグ

 トップリーグ第5節NECグリーンロケッツ戦翌日の12月4日(日曜日)、サテライトリーグ第4戦となる東芝ブレイブルーパス戦が、東京・世田谷区のリコー総合グラウンド(砧グラウンド)で行われた。天候は前日とはうってかわっての快晴。観戦用スタンドは、第5節での雪辱を期して臨むメンバーのプレーを観ようと、多くの人で埋まった。


photo

 13時、キックオフの笛が鳴る。まず攻め込んだのはリコー。敵陣右サイドゴール前のラインアウトから突進、ラックから持ち出してモールをつくって押すが、ボールを奪われる。しかし、インゴールエリアからの東芝のタッチキックが短くリコーのチャンスは続く。

 今度のラインアウトでは展開。SH湯淺直孝からSO徳永亮へ。ゴール正面のギャップを自ら突きディフェンスを引きつけると、走り込んできたCTB小浜和己へパス。これが通り、小浜は中央に飛び込みトライ。開始から4分、鋭い攻撃でリコーがファーストトライを奪う。コンバージョンもSO徳永が決め7対0とした。

 ここから試合は一進一退。ボールはハーフウェイラインを行き来した。リコーはトップリーグでも見せてきた集中力のあるディフェンスを見せる。FLハレ・ティーポレ、NO.8ロッキー・ハビリらは激しく相手に絡んでいき、チームの士気を高めていく。チームがフォワードにまず求めているという「試合の入りから激しさで相手を圧倒する」という仕事をしっかりやってのけた。

 しかし、スクラムなどのセットプレーで安定度を欠き、攻めきれない。18分には自陣左サイド22mライン付近のラインアウトで反則。タッチキックを蹴られ、ゴール前に迫られた。東芝がラインアウトから展開。逆サイドにアタックを仕掛ける。

 このアタックを、リコーは的確に止めていく。ゴール前でも焦ることなく全員が役割に集中した。密集からボールが出ず、左中間の5mスクラムで再開。ここで東芝が反則。根気比べに勝ったリコーは、タッチキックを蹴り22mライン付近まで押し返すと、右サイドのラインアウトからSH湯淺がハイパント。ハーフウェイライン付近に落ちたボールをリコーが奪い去ってアタックへつなげる。24分、攻め上がったバックスに回し左サイドをFB横山伸一が突き、WTB池上真介がボールをつなぎ、最後はCTB塩山瑛大が左隅にトライ。守り切り、一気に攻め込んで獲ったトライに歓声があがる。コンバージョンは外れたが12対0。


順調に加点、前半で3トライ

 2つのトライでリコーがペースをつかむ。敵陣22mライン手前の東芝ボールのスクラムでボールを奪うと、ディフェンスに回った東芝がオフサイド。タッチキックで右サイドゴール前ラインアウトのチャンスをつくる。

 リコーはオープンサイドへ展開し、左サイドで勝負。最初のアタックは東芝の必死のディフェンスに阻まれたが、左隅にポイントをつくり激しくファイト。確実にボールを出すとSO徳永からのパスを、CTB塩山、FB横山伸と小気味良くつなぎ、WTBマーク・リーへ。右サイドのギャップを抜けると、リーは一気にインゴールエリアに到達し、32分右中間にトライ。コンバージョンも決まり19対0とした。

photo

 完全に勢いに乗ったリコーは前半終了までアタックを繰り返す。33分、自陣右サイドから蹴ったSH湯淺のキックをWTBリーがチェイス。プレッシャーをかけると、バウンドしたボールを相手が弾き、右サイド22mライン手前のラインアウトのチャンスを迎える。  徳永はまたもボールを回し、左サイドでアタック。タイミングを計りアタックラインを押し上げたCTB小浜、塩山、FB横山伸、WTB池上がラインブレイクを狙うが、ここは阻まれ密集でリコーに反則。東芝ボールのスクラムに。

 だが、スクラムからボールを出したところにリコーが強いプレッシャー。こぼれたボールをSH湯淺がキャッチしターンオーバー。パスを受けたWTBリーがライン裏へグラバーキックを蹴り、ボールは右中間のインゴールエリアへ転がる。反応したFB横山伸が追うが、惜しくもデッドボールラインを越えた。

 リコーはドロップアウトのボールをキャッチすると、攻撃を仕掛ける。ラインの整った東芝ディフェンスラインは破れなかったが、激しいアタックで反則を誘い、40分、正面やや右の位置からSO徳永がペナルティゴールに成功。22対0として前半を終えた。


ピックアップ