BlackRams NEWS

レポート

2011-2012 トップリーグ 第2節 対 ヤマハ発動機ジュビロ

「相手にプレッシャーをかけ続け、パターン通りにやらせない」ゲームからの多くの気づき

 11月3日(木)、前日に来日したCTBマア・ノヌーが練習に参加することを聞いた社員やファンの方々、テレビ局の取材陣などが訪れ少しにぎやかなリコー総合グラウンド。第1節で、監督として初勝利をつかんだ山品博嗣監督は、第2節のヤマハ発動機ジュビロ(ヤマハ)戦のポイントをこう話した。
「まずはスクラムですね。今回布陣を考えるときに優先させたテーマ。そしてボールを前に運んでくる8番、9番、12番の選手をきっちりと止めること。これは対策というより、気持ちを前面に出し1対1に勝ってポジションを支配できるかどうか。
 ノヌーの出場については、モチベーションのコントロールができていたので決めました。大きな目標を達成した後だけに、そこが気になっていましたが、しっかりしたものを持っていましたので」

 キャプテンのHO滝澤佳之が怪我でメンバーを外れるということになったが、練習の雰囲気は、ゲームキャプテンに指名されたバイスキャプテン、FB河野好光らによっていつも通り元気な声のなか行われた。

「きちっとしたアタックのパターンを持つヤマハ。そこに、プレッシャーをかけ続けて、パターン通りにやらせないことが最も大切なことだと思っています」(FB河野好光)


photo

 5日12時、曇天の秩父宮ラグビー場。ヤマハのキックで試合が始まる。

 左中間に蹴り込んだキックオフボールが密集で弾かれ、ヤマハサイドに転がる。これを拾った9番が鋭くリコー陣内に突入。ボールをつなぎ、最初のアタックをヤマハが仕掛ける。

 リコーは、激しくタックルしボールキャリアーに絡んでいく。自陣右中間30m付近でノットロールアウェイの反則、いきなりゴールを狙える位置でヤマハはペナルティキックを得る。1分、15番が決め0対3とヤマハが先制する。

 CTB金澤良のキックオフで試合再開。これをヤマハがマイボールにすると、FB同士のキックの蹴り合いの後、河野好光のキックがハーフウェイライン付近左サイドのタッチラインを割り、ヤマハボールのラインアウトに。これをキープするとヤマハが再びアタック左中間で突破を図る。何度目かのフェイズで、NO.8ジェームス・ハスケルがボールを奪いターンオーバー。リコーは最初のアタックを仕掛けるまでに、試合開始から4分を要した。

 しかし、ボールをキープできず、どうにもリズムに乗れなかったが、NO.8ハスケルがハーフウェイライン付近の密集でボールを奪う。左中間でパスを受けたFLマイケル・ブロードハーストが一気にゲインし、さらにつないでCTB山藤史也、CTB金澤からのパスを受けたSOタマティ・エリソンらが縦に切り込み敵陣深くまで前進する。右サイド22m付近でFB河野につなぐと、パスダミーをひとつ入れすぐさま加速。ヤマハの11番と15番の間を鋭く抜け、一気にゴールラインまで走り中央にトライ。コンバージョンも決まり、10分、7対3とリコーが逆転した。

 直後の13分、ゴール前のラックで、倒れた選手が放しかけたボールを奪いにいったNO.8ハスケルに対しホールディングの判定。ヤマハはペナルティゴールを狙い成功。7対6と1点差に詰める。

 その後は互いに一進一退。ヤマハは鋭くラインブレイクを狙い、リコーはきっちりディフェンスする。反応よく前に出て、タックルを的確に当てていく。

 しかしアタックでは、22mライン手前付近でボールを奪われる場面が続き、決定機がつくれない。18分には、自陣10mライン付近でペナルティを得ながらタッチキックでミス。相手にボールを渡してしまう場面も。

 ヤマハの長いアタックに対し、反則をせず、前進も許さないリコーが、しのぎ続けた25分。リコー陣内10mライン付近ほぼ正面の位置でリコーがオフサイド。ヤマハはペナルティゴールを狙い成功。7対9と逆転。


再三攻め続けるが、トライに結びつかず

 次の攻撃はリコー。ボールを回し、ギャップを見出してはFLブロードハースト、LOカウヘンガ桜エモシらが縦に力強く突破を図りゲインに成功する。

photo

 22mラインを越えると、相手反則が出て、タッチキックを蹴りゴール前ラインアウトのチャンスを得る。ゴールライン上までボールを持っていくが惜しくもトライを獲れず、ラックでターンオーバーを許す。

 ヤマハのタッチキックは短く、リコーは22mライン付近のラインアウトから再びアタック。LOカウヘンガが再び力強くボールを前に運びポイントをつくるとバックスに展開し、ラインブレイクを狙う。しかし、ヤマハにラックでボールを奪われ、歯がゆい展開が続く。

 ヤマハは自陣からこのボールをつないでアタック。リコーのフォワードとフォワードの間のギャップを12番が鋭く突き、一気にゴール前までせまる。トライかと思われたが、フォローしていた15番へのパスにWTB小松大祐が身体をぶつけ、ノックオンを誘った。

 前半終了間際の37分、リコーは自陣でラインアウトを得て、FLブロードハースト→川上力也がボールを前へ運ぶ。さらにSOエリソンがヤマハ陣内深くへキックを蹴り、22mラインを越える。

 ラインアウトでヤマハがノットストレートを犯し得た右中間のスクラムから、SH池田渉がブラインドサイドを突く。そこからボールを回し、リコーは突進を繰り返す。ゴール前の攻防が続いたが、40分経過のホーンが鳴る直前にヤマハにオフサイド。ほぼ正面の位置からFB河野がペナルティゴールを決め、10対9と再逆転に成功。ハーフタイムへ。


ピックアップ