BlackRams NEWS

レポート

2011-2012 トップリーグ 第1節 対 福岡サニックスブルース

開幕前日も「いつも通り」。
地に足をつけて普段着通りに準備したリコー

 ジャパンラグビートップリーグ 2011-2012の開幕戦を翌日に控えた10月28日。リコーブラックラムズ(リコーラグビー部)のキャプテンズランは、「いつも通り」という言葉がふさわしい、明るくリラックスしたムードの中で行われた。

 15時から1時間弱の練習のいつもとの違いをしいて探せば、初戦の相手福岡サニックスブルース(サニックス)のアタックを想定したディフェンスの確認を15分程行ったことぐらい。あとは22日に合流したジェームス・ハスケルの求めに選手たちが応じ、全体練習後にサインプレーの確認をしただけ。

「今日の練習はいい雰囲気でできたと思います。(あとはやるだけ?)そうですね」
 山品博嗣監督の表情もやわらかく、やはり、いつものように全体練習後もグラウンドに残り、個別で練習を行う選手の様子を見守る。

 この落ち着いた雰囲気に、昨シーズン終了時、日本を離れる前にスティーブン・ラーカムが残した言葉を思い出した。
「この3年間のチームの変化で、一番大きいのは『どんなプレーをしたら勝てるのか』という理解が進み、選手たちが自信を持ってプレーするようになったこと。ラグビーにおいての自信は、最も大切なもののひとつ」

 「いつも通り」が、リコーが培ってきた自信。これに基づくものだったことは、翌日の本番の披露で明らかになった。


photo

 快晴の秩父宮ラグビー場に、サニックスのキックでボールが弧を描き、試合が始まる。リコー陣内になだれこんだサニックスは、持ち味の「全員でグラウンドを駆けめぐり、ボールを自在に回す」ラグビーをいきなりみせる。このアタックを受けに回りリコーは接点でプレッシャーをかけられず、サニックスにスムーズな球出しを許した。テンポよくボールを回し、ぐんぐんスピードを上げるサニックスが、縦横無尽にアタックを仕掛けてくる。

 11分、22mラインの内側に入ると、正面から展開。左ウイングで勝負を仕掛けたかと思うと、13番がディフェンスをかわしながら内に向かって駆け込む。ゴール正面付近で1番にパスすると縦に抜けインゴールエリアへ。サニックスが先制のトライを決める。コンバージョンも成功し0対7。

 リコーはFL金栄釱のジャッカルでターンオーバー。CTB山藤史也が右中間でラインブレイクを狙うと、タックルで持ち上げてしまったサニックスにペナルティ。SH池田渉が右サイドへ蹴り出し、リコーがラインアウトから攻撃。ボールをキープしながら攻撃を重ねサニックスゴールに迫る。

 15分、CTB山藤が今度は左中間を鋭く突きゴール直前、5mラインまでゲインする。倒されたが、タックル後、のしかかったままどかなかったサニックスの選手にペナルティ。笛が吹かれると、すぐさまボールをタップしたLOカウヘンガ桜エモシが、ボールを左隅インゴールに運びトライ。角度のあるコンバージョンもFB河野好光が決めて7対7と同点に追いつく。


リコー怒濤の4連続トライ

 サニックスは再びリコー陣内に攻め込むが、序盤は少し混乱の見られたリコーのディフェンスも落ち着き、タックルもヒットし始める。

 23分、リコー陣内でアタックを続けるサニックスがこぼしたボールをSOタマティ・エリソンが拾ってキック。ボールはタッチを割らず、サニックス15番がパントキックを蹴り返す。これをSH池田がキャッチし、ここからリコーがアタック。接点で優勢を保ちながら、素早く球出ししFB河野、FL柳川大樹、HO滝澤佳之、NO.8マイケル・ブロードハーストが右サイドで繰り返し突破を図り、ゲインラインを前進させていく。

 サニックス陣内中央10mライン付近で、SH池田が左に走り込んだSOエリソンにパス。エリソンはステップを刻みディフェンダーをまとめて3人抜くと一気に加速する。中央から左中間に向かうランコースで一気に走り抜け、最後は追いすがるバックスを引きずりながらインゴールに手を伸ばす。勝ち越しのトライが決まり12対7。コンバージョンも成功し14対7とする。

photo

 28分、リコーは自陣のスクラムから、NO.8ブロードハーストがボールを出し、SH池田がランニングパスで、ラインを深めにとったバックスに展開する。スピードに乗った大外のWTBロイ・キニキニラウが右サイドタッチライン際でラインブレイクし、相手選手をハンドオフしながら一気にゲイン。22mライン付近で、その内側をフォローして走ったFB河野にボールを戻すパスで、最後尾のディフェンダーをかわすと河野が右中間へトライ。コンバージョンも決まり21対7とする。

 36分、リコーは敵陣10mライン付近で得たペナルティでゴールを狙うがこれが左にそれる。ゴールライン手前でキャッチしたサニックスはタッチに蹴り出し、左サイドサニックス陣内10mライン付近でリコーがラインアウトを得る。

 確実にキープし、リコーがアタック。パスに乱れも出たが素早い反応で処理しボールをキープする。粘り強く攻め、15回ほどフェイズを重ねるとついにWTB小松大祐が左サイドを瞬時に突破。

 38分、その外を走ったLOカウヘンガがラストパスを受けると、インゴールエリアで回り込みゴール左にこの日2つ目のトライ。コンバージョンも決めて28対7。リコーがあっという間に4トライを重ね、ボーナスポイントを獲得。ホーンが鳴りハーフタイムに。


ピックアップ