BlackRams NEWS

レポート

2010-2011 ワイルドカードトーナメント 1回戦 対 コカ・コーラウエストレッドスパークス

「日本選手権」出場懸けた闘いが始まる

photo

 気温0度にも迫る極寒の福岡・レベルファイブスタジアム。14時、ワイルドカードトーナメント1回戦、コカ・コーラウエストレッドスパークス(コカ・コーラ)戦が始まった。


 先手はコカ・コーラがとる。キックオフボールをキャッチしたリコーのアタックを自陣22mライン付近でターンオーバーするとランで突破。一気にリコー陣内22mラインまでゲインする。さらに攻め、ゴール正面でスクラムを得ると2分、右側を8番が突き、外側に流れるように見せてディフェンダーを引きつけ、内側でサポートについていた7番にパス。7番はギャップに飛び込んで中央にトライ。コンバージョンも決まり0対7となる。

 リコーも反撃する。6分、キッキングゲームを優勢に進め、コカ・コーラ陣内左サイドでラインアウトを得るも、ボールを奪われ自陣にロングキックを蹴り込まれる。しかし、右中間でこのボールをキャッチしたWTB横山伸一がスペースにカウンターアタック。加速をつけて相手ディフェンスラインに接近すると、ステップを刻み1人、2人と抜きさる。フォローしていたCTBロイ・キニキニラウにパスしさらにゲイン。

photo

 右中間でラックになるとCTBジョエル・ウィルソンがサポートしマイボールをキープ。SH池田渉が素早く球出し。SO河野好光が俊敏な動きで中央のわずかなギャップを縫うようにしてゴールに迫り、捕まえようとするコカ・コーラディフェンスをかわす。ゴール下に飛び込んでトライ。コンバージョンも自ら決めて7対7の同点に追いついた。

ロイ・キニキニラウの連続トライでリード

 次のトライもリコーが奪う。互いに攻め合い均衡が続いた後の27分、コカ・コーラ陣内右サイドの深い位置でラインアウトを得たリコーはフォワードが縦の突破を図りゴールに迫る。FLマイケル・ブロードハースト、LOカウヘンガ桜エモシが力強くボールを前に運ぶ。ゴールライン際の攻防になるが、最後はCTBキニキニラウがラックから出たボールを拾い左中間に飛び込みトライ。コンバージョンも決まり14対7とリードを奪うことに成功する。

photo

 だがリコーのディシプリンに乱れが生じる。34分、ハーフウェイラインのスクラムでハンドの反則。コカ・コーラはタッチキックを蹴りゲイン。リコー陣内右サイドのラインアウトからバックスに展開してアタックを仕掛ける。リコーはこのディフェンスでオフサイド。コカ・コーラは中央22mライン付近の位置からペナルティゴールに成功。14対10と点差を縮めた。

 ペースをつかみかけたコカ・コーラは、自陣に侵入してきたリコーのラインアウトからのアタックに冷静に対応。乱れを突きジャッカルし、ターンオーバーからアタックに移ろうとしたところでリコーがハイタックルの反則。タッチキックでボールは再びリコー陣内へ。

 コカ・コーラはラインアウトからオープン攻撃。しかし37分、一瞬の隙をCTBキニキニラウが突く。パスコースに走り込み右中間でインターセプトしてターンオーバー。自陣10mライン付近から一気にゴールまで走り、ポスト下にトライを決める。コンバージョンも決まり21対10と再び点差を広げた。

 だがコカ・コーラは前半最後のアタックでリコーゴールに迫る。ゴール前で攻撃を続け、リコーはディフェンスに追われる。39分、ラック内でプレーをしていたカウヘンガにノットロールアウェイの反則との判定が下りイエローカード。10分間の一時的退場処分が科される。しかし、リコーはコカ・コーラにゴールラインを割らせず、守り切って前半を終える。




ピックアップ