BlackRams NEWS

レポート

2010-2011 トップリーグ 第10節 対 クボタスピアーズ

準備続けてきた新鋭に、今節もチャンス

 山梨県・小瀬スポーツ公園陸上競技場に試合開始のホイッスル。ボールがリコーブラックラムズ(リコーラグビー部)陣内に蹴り込まれる。トップリーグ第10節のクボタスピアーズ(クボタ)戦が始まった。リコーはこの試合、PR柴田和宏、LO坂本明樹、ルーキーのWTB長谷川元氣ら成長を見せる若手選手をメンバーに入れ、トップリーグではまだ未勝利の相手に挑んだ。

photo

 最初の得点はクボタに入る。3分、相手陣22mを出た位置でのクボタのキックをリコーがチャージし開始早々から相手にプレッシャーをかける。しかし、SO河野好光のキックで攻め上がろうとしたリコーがオフサイド。中央10mライン付近からクボタはペナルティゴールを狙い成功。0対3と先制する。

 リコーもすぐに反撃する。キックオフボールのこぼれ球をマイボールにして攻撃。守るクボタがノットロールアウェイの反則を犯すと、リコーは右サイドゴール前タッチに蹴り出し、ラインアウトのチャンスを得る。ボールをキープしLO相亮太が縦に突っ込む。さらに攻撃を続け、FBラーカムが左に展開してラックをつくると、クボタにホールディングの反則。

 8分、ゴール前左中間のスクラムのブラインドサイドをCTBタマティ・エリソンが突き相手を引きずりながら前進しトライ。コンバージョンも決まって7対3とリコーが逆転する。


クボタのプレッシャー浴び、前半は1トライ

 さらに12分、キックオフから蹴り合いとなり、リコーが右サイドハーフウェイライン付近のラインアウトを得る。そのボールをバックスに展開し、グラウンドをワイドに使いアタックを仕掛ける。左サイドまでボールを回しWTB長谷川元氣がディフェンスのギャップを突くが相手ディフェンスに阻まれる。すぐにサポートが入りボールをキープ。再び右サイドまでボールをつなぐとライン際をFL覺來 弦が相手ディフェンダーにつかまれながらも前進。22mラインに達し、リコーがボールを中央へ展開するとクボタがオフサイド。ほぼゴール正面の位置のペナルティゴールをSO河野が狙い成功。12対3と点差を広げた。

 再開後はクボタがアタックを続ける。22mラインの少し前で効果的なタックルを繰り返したリコーは、相手の前進を許さない。攻めあぐねたクボタは10番が中央付近からドロップゴールを狙うがゴール左に外す。

photo

 ドロップアウトで試合再開。クボタは再びアタックを仕掛ける。数分間にわたりプレーを切らずに攻めたが、攻めきれずノックオン。リコーが守り切る。

 17分、自陣右サイド22mライン上のスクラムから出たボールを受けたSO河野は、ブラインドサイドにスペースを見出し、ランでゲインする。WTB星野将利、CTBエリソン、FL覺來、CTB金澤 良と展開し、左サイドを進む。クボタ陣内22mラインを超えたあたりで金澤が捕まるが、リコーはボールをキープし中央ゴール前でラックになるとハンドの反則を犯しクボタボールに。

 このプレーの後、リコーは相手の反則もあり、敵陣深い位置で続けてチャンスを得たが、ハンドリングミスなどでトライに結びつけられない。リコーは34分にPR伊藤雄大に替えて柴田和宏を送る。

 前半終盤はクボタの反撃を許し、リコーは自陣でのプレーが続いた。38分、リコー陣内右サイド22mライン手前のスクラムからクボタが展開。正面付近から10番が大外の選手にキックパス。これが通りラインブレイクすると、その内側を走っていた13番につなぎ左中間にトライ。コンバージョンは外れたが、10対8とクボタが点差を詰めて前半が終了する。リコーとしては好機に攻めきれず、逆にクボタにワンチャンスを生かされた。悔いの残る40分になった。



ピックアップ