BlackRams NEWS

レポート

2010-2011 トップリーグ 第9節 対 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

「もっと何かやれたんじゃないか」を残さない

 前節はトヨタ自動車ヴェルブリッツを追い詰め、確かな手応えを感じるとともに、越えるべき最後の壁を認識したリコーブラックラムズ(リコーラグビー部)。トップリーグ第9節・神戸製鋼コベルコスティーラーズ(神戸製鋼)戦の前々日、選手たちは強い風の吹くリコー総合グラウンド(砧グラウンド)で調整を行う。

「(チームは)状態もいいし、雰囲気もいい。でも上位のチームには勝てていない。サントリーにしてもトヨタにしても負けた後、もっと何かやれたんじゃないか、というのが残っていたんです。それは出し切れてないということ。自分たちのラグビーはできていると思う。だから、あとはいかに出し切るか」。WTB小松大祐は話す。

 スターティングメンバーに名を連ねたLO坂本明樹は、公式戦初出場となるゲームに向け、コーチ陣から期待の声をかけられたという。
「始めの30分で出し切ってもいいから思い切ってやれと。緊張? はやめに『いくぞ』って言われていたので、もうないです」


photo

 快晴の高知県・春野総合運動公園陸上競技場。13時、試合開始のホイッスルが響き、神戸製鋼のキックオフで試合が始まる。右サイドに高く上がったボールをキャッチしたリコーは、SO河野好光に回しボールを蹴り返す。これを神戸製鋼がチャージ。ボールはタッチラインを割り、22mライン付近でのラインアウトとなる。リコーはLO坂本がキャッチ、今度はSO河野がしっかりと蹴り出す。

 左サイド10mライン付近のラインアウトから神戸製鋼が展開。右サイドでボールがこぼれるとCTB山藤史也が鋭く反応しマイボールに。リコーはすぐに攻撃へと切り替え、SO河野が右サイド22mラインの内側にロングキック、大きく敵陣へのゲインに成功。ラインアウトは神戸製鋼が確実にキープしロングキック。リコーはこれを処理し、カウンターアタックを仕掛けるが自陣でノックオン。この後互いにアタックでノックオンを繰り返し、チャンスをつぶし合う。

前半から「リコーのラグビー」実践、2トライ奪う

 最初の決定機はリコーに。6分、自陣右サイドのスクラムからボールを出し、FBタマティ・エリソンがロングキック。神戸製鋼はカウンターを仕掛けるがCTB山藤がハーフウェイライン付近で相手選手を捕えリコーはボールを奪う。すかさずキックを蹴り込み、ボールが敵陣インゴールエリアに転がる。WTB小松が相手と競り合いながら押さえにいきボールに触れるも接地できずノックオン。

 次のチャンスもリコーに。敵陣左サイド22mラインのラインアウトをスティール。すぐさま展開し右サイドを突く。ラックができると神戸製鋼がハンド。ペナルティキックをタッチに蹴り出し、ゴール前右サイドのラインアウトからボールをつなぐ。左サイドでFLマイケル・ブロードハーストが縦に突破を図りゴールに迫るが、神戸製鋼ディフェンスが人数をかけて阻む。ラックになるやSH池田渉がクイックボールを出す。ワイドに展開しボールを右サイドへ。FBエリソン、WTB星野将利、大外を走っていたHO滝澤佳之とつなぎ右中間インゴールに達し14分、トライを決める。コンバージョンも成功し7対0に。リコーが先制する。

photo

 18分には自陣22mラインそばのラインアウトからの神戸製鋼のアタックでCTB山藤が再びボールを奪う。自らキックを蹴りタッチを狙うがこれがダイレクトタッチに。

 20分、10mライン付近から再び神戸製鋼のラインアウトになるが、リコーはこぼれたボールを奪いパントを上げる。FBエリソンが敵陣でキャッチするとディフェンスラインのギャップを抜けて中央を独走しトライ。コンバージョンも決まり14対0と点差を広げた。

 神戸製鋼のエンジンもかかる。フォワードを中心とした攻撃を仕掛け、20分過ぎからリコー陣内でプレーを続けた。リコーは神戸製鋼のスクラムでのペナルティで相手陣内にボールを押し戻すが、直後にオブストラクション、ノットロールアウェイとペナルティを2つ重ねピンチを招き29分、ゴール前のラインアウトからモール攻撃を受ける。ここはフォワードがこらえたが神戸製鋼はすかさずモールサイドを突く。リコーは一度は止めたが、今度はバックスへ展開され、中央を10番が抜けトライ。コンバージョンも決まり14対7と神戸製鋼が点差を縮める。32分にリコーはPR伊藤雄大に替えて高橋英明。

 さらに神戸製鋼は力で攻め入る。リコーはディフェンスに追われた。前半終了直前の39分、ラインアウトをキープした神戸製鋼は4番に回すとラインブレイクし左中間にトライ。コンバージョンも決まり、14対14と追いつく。リコーと神戸製鋼、それぞれがペースを握りあい前半は終了した。



ピックアップ