BlackRams NEWS

レポート

2010-2011 トップリーグ 第3節 対 福岡サニックスブルース戦

ラインアウト&スクラムで優勢。序盤からペースつかむ

photo

 トップリ―グ(TL)第3節の相手は、福岡サニックスブルース。ワイドにボールを動かし、ギャップをつくり鋭く突く。フィットネスと俊敏性を活かした独自のラグビーを究め、今季は開幕2連勝。サニックスはどちらの試合も後半に逆転劇を演じている。そんな相手を上回る粘り強さを見せられるか、終盤まで集中力を維持しファイトし続けられるか――。それがリコーブラックラムズ(リコーラグビー部)の勝利の条件だった。



 17時、サニックスのキックで試合が始まる。最初のチャンスはリコーがつかんだ。サニックス陣内右10mライン付近のスクラムから展開。CTB金澤良とWTB星野将利がランニングでゲイン。3分、22mラインまで攻め上がったところでサニックスがオフサイドを犯す。中央やや左の位置からSO河野好光がペナルティゴールを決めて先制。3対0とする。

 さらにリコーは攻める。自陣左サイド浅めでラインアウトをキープ、キックを蹴り込む。22mライン手前でキャッチしたサニックスは展開するが、鋭く駆け上がったCTB小松大祐がパスをインターセプト。そのまま一気にゴール直前まで迫る。

 ゴールライン際での攻防がしばらく続いたが、8分、リコーは中央付近からSO河野の2人飛ばしのロングパスが右サイドを走ったCTB小松へ通る。小松は相手選手をひきずりながら右隅へトライ。難しい角度のコンバージョンもSO河野が決め、10対0と点差を広げた。

photo

 次の得点はサニックスに。試合が再開すると、キックオフのボールをLOマイケル・ブロードハーストがノックオン。リコー陣内左22m付近でスクラムに。サニックスはボールをすぐに出し、右サイドへと展開していく。リコーは相手選手をタックルで倒しきれずボールをつながれ、14番が右隅にトライ。ワンチャンスを活かされ10対5とされた。コンバージョンは外れた。

 直後、今度はリコーのキックオフのボールをサニックスがキャッチミス。サニックス陣内左22m付近でスクラムを得ると、グラウンドをワイドに使いアタックを仕掛ける。PR長江祐介、WTB星野らのゲインでゴールライン直前に迫ると左中間でラックとなる。16 分、ラックから出たボールをNO.8ハレ・ティーポレが拾うと、その右を突きトライ。コンバージョンも決まり17対5。


FL川上の果敢なチャージがトライ生む

photo

 試合の主導権はリコーが握り続ける。グラウンド中央付近のスクラムでボールを奪うと、左に展開。CTB金澤が整っていない相手ラインの裏へグラバーキック。背後から飛び出したFBスティーブン・ラーカムが追いかけ、ボールを拾った相手選手にプレッシャーをかける。するとキックの処理を焦り、ボールを蹴り出すも22mライン付近でタッチを割るミスとなる。再びゴール前の攻防に。

 19分、22mエリア左のサニックスのラインアウトから出たボールを、10番がキック。これを反応良く飛び出したFL川上力也がチャージに成功。一度地面で大きく弾んだボールの落下点に川上がそのまま飛び込んで覆い被さり、左隅ぎりぎりにグラウンディング。アシスタントレフェリーに確認の後、レフェリーがホイッスルを吹く。トライが認められ22対5。コンバージョンは外れた。

 その後は一進一退の展開が続く。スクラム、ラインアウトで優勢を保つリコーだったが、反則がやや目立ちチャンスへとつなげられない。24分にはリコーはゴール前で倒れ込みの反則をとられ、サニックスがペナルティゴールを狙ったがバーに当たりはずれた。

 31分、サニックスが自陣10mライン付近中央で、ノットロールアウェイの反則。SO河野がペナルティゴールを狙うが惜しくも外れた。36分には22mライン中央付近のスクラムでサニックスがオフサイド。今度はペナルティゴールを成功、3点を加え25対5と20点差に。前半はそのまま終了した。



ピックアップ