BlackRams NEWS

レポート

2009-2010 トップリーグ 対 ホンダヒート

 9月5日(土曜日)午前11時。夏の日差しが戻ってきた砧グラウンド(リコー総合グラウンド)に、トップリーグ(TL)開幕戦のキックオフを6時間後に控えた選手たちが現れた。午後の会場入りを前に、軽く身体をほぐすためだ。

「爆発的に!」。LO田沼広之が、大きな声を出して両手でメディシンボールを投げる。呼応するように、他のメンバー間にも声の輪が広がる。堅さはない。いつも通りの雰囲気。これなら大丈夫、力を出し切れる――。しかし、ラグビー日本最高峰のリーグでの闘いは、タフだった。


photo

 夕刻、TL開幕を待ち望んでいたラグビーファンが集う秩父宮ラグビー場に、選手が入場する。TLに戻ってきたリコーブラックラムズ(リコーラグビー部)と初昇格を果たしたホンダヒート。この舞台への思い入れなら随一であろう両軍30名のメンバーは、入場曲同様"威風堂々"とピッチに駆け出した。

 17:00、ホンダのキックで試合開始。互いにキックを蹴り込み、攻撃の糸口を探っていく。最初にペースをつかんだのはホンダ。4分、自陣浅めの位置でリコーボールのスクラムからの攻撃をターンオーバー。一気に攻め上がり、リコー陣内右サイド22mラインまでゲインした。しかし、ゴール前でのラインアウトをリコーラグビー部がキープし、ピンチを脱した。

 その後も、ホンダがじりじりとリコー陣内に攻め込んでプレーする時間が続く。だが、決定的な場面になる前に反則でボールを繰り返し失っていた。

 10分、リコーラグビー部はそこに乗じて反撃。押し戻し、センターライン付近の攻防とすると、ホンダが反則。11分、ホンダ陣内右サイド10mライン付近から、SO河野好光がペナルティゴールに成功。2009-10シーズン最初の得点を奪って3点をリードした。

photo

 ホンダはその後も攻め、リコーラグビー部がじっくり守り、反則を誘って危機を回避するーーという状況がしばらく続いた。的確なディフェンスを見せるリコーラグビー部だったが、攻撃では、ボールを持った選手が相手に飛び込んだ際の後続選手のフォローが足りず、ボールを奪われる場面があった。そんなリズムを変えようと18分、SO河野がドロップゴールを狙っていくが惜しくも外れた。

 23分、リコー陣内右サイド、22mライン手前でのCTBジョエル・ウィルソンのタックルがショルダーチャージとみなされる。ホンダはペナルティゴールを狙い成功。3対3の同点に。

 流れを変えるべく、今度はトッド・ローデンHC(ヘッドコーチ)が動く。30分、スティーブン・ラーカムをピッチへ。スターのTL初お目見えに秩父宮にこの日一番の大歓声が沸く。SOに入ったラーカムは、いきなりパスを通すとチームはテンポアップ。自ら果敢なタックルも仕掛け、停滞したムードに刺激を与えていく。前半終了間際にホンダは攻勢をかけたが、得点にはいたらなかった。前半は3対3で後半へ。



ピックアップ