RICOH BlackRams

ラグビーの基本ルール

ラグビーをもっとおもしろく観るために!

基本ルール
1.
味方にボールをパスする場合、前方に投げてはならない。
デッドボールラインに平行または後方にパスを出さなければならない。
2.
ボールを前方に送る場合は、ボールを蹴り込むか、持って走らなければならない。
3.
タックルはボールを保持者に対してのみ行う事ができる。
フィールド・ポジション
 ラグビーの基本は15人vs15人。
 1つのボールを相手側のインゴールに
 持ち込んで得点を競い合う。
 前半40分 後半40分 計80分間
 (ハーフタイムは10分間)

 得点方法
 トライ → 5点
 ゴール → 2点
 ドロップゴール → 3点
 ペナルティゴール → 3点



15のポジション表
基本プレー
= 主な反則 =
 【オーバーザトップ】 → (ペナルティキック)
 タックル後やラックで、ボールを持ったプレイヤーの上や相手側に倒れ込み、
 相手のボール獲得を妨害すること
 【オフサイド】 → (ペナルティキック)
 ボールを持っていないプレーヤーより前方(敵陣方向)=オフサイドポジションといい、
 その位置にいる味方プレーヤーはプレーをしてはいけない。
 【コラプシング】 → (ペナルティキック)
 故意にスクラムやモールを崩すこと。
 【スローフォワード】 → (スクラム)
 ボールを自分の位置より前方に投げること。
 【ノックオン】 → (スクラム)
 ボールがプレーヤーの手や腕に当たって前方(敵陣方向)に落とすこと。
 【ノットストレート】 → (スクラム、フリーキック)
 ラインアウトやスクラムで、ボールをまっすぐ投げ入れなかった場合の反則。
 【オーバーザトップ】 → (ペナルティキック)
 タックル後やラックで、ボールを持ったプレイヤーの上や相手側に倒れ込み、
 相手のボール獲得を妨害すること
 【ノットリリースザボール】 → (ペナルティキック)
 タックルされて倒されたプレーヤーは、ボールを保持していてはいけない。
 ただちにボールを手放さなかった場合の反則。
 【ノットロールアウェイ】 → (ペナルティキック)
 タックルした側、された側のプレーヤーが、ただちにボールから離れず、
 故意に倒れたままの状態でいた場合の反則。
 【ハイタックル】 → (ペナルティキック)
 相手プレーヤーの肩の線より上にタックルすること。

= 警告と退場 =
 【シンビン】 (一時退場)
 反則の繰り返し、悪質なプレー、危険な行為を行ったプレーヤーは
 レフリーの判断で10分間の一時退場処分となる。
yallow
 【イエローカード】
 レフリーがプレーヤーに「シンビン(一時退場)」を命ずるときに提示するカード。
 1試合中に2枚のイエローカードでレッドカード退場。
 1シーズンを通して累積3枚で次の試合は出場停止となる。
red
 【レッドカード】
 レフリーがプレーヤーに「即刻退場」の処分を命ずるときに提示するカード。

ピックアップ