Black Rams - RICOH RUGBY FOOTBALL TEAM -

ラグビーの基本ルール

ルール解説動画

【初級編】

【中級編】

【上級編】

ラグビーとは?

ラグビーの特徴でもある、楕円形のボールを相手陣の得点エリア(インゴール)に運ぶ、陣取りゲームです。屈強な男たちがボールを奪い合う、激しいコンタクトスポーツでもあります。

選手人数

選手人数

15人vs15人

フィールド上には、1チーム15人、両チーム合わせて計30人で試合を行います。登録人数が昨シーズンより、一試合1チーム23人となりました。

試合時間

試合時間

前半40分 後半40分

試合は前半40分、後半40分の計80分で行われます。ハーフタイムが10分間あります。

得点の種類

トライによる得点

トライによる得点

トライ・・・5

相手陣インゴールの地面に、ボールを着けるとトライとなります。さらに、トライをした場所から自陣に向かい真っすぐ下がった場所から、コンバージョンキックの機会が与えられます。

認定トライ・・・5

相手チームの反則がなければ、間違いなくトライと認められた場合に限り、ゴールポストの中央にペナルティトライが与えられます。通常のトライと同様、コンバージョンキックの機会が与えられます。

キックによる得点

キックによる得点

コンバージョンゴール・・・2

トライをすると、コンバージョンキックの機会が与えられます。トライをした位置の延長線上から、ゴールポストにボールを蹴り込みます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

ペナルティゴール・・・3

相手チームがペナルティを犯した場合、その地点からゴールポストを狙うキックを選ぶことができます。ゴールポストのクロスバー上を超えると得点となります。

ドロップゴール・・・3

プレーの最中にボールを地面にワンバウンドさせて蹴ることで、直接ゴールポストを狙うことができます。ゴールポストの
クロスバー上を超えると得点となります。

反則とペナルティ

! 重い反則

相手チームにペナルティキックの権利。反則を犯したチームはその地点より10m下がらなくてはいけません。
※相手チームの選択により、スクラムやラインアウトから再開する場合もあります。

× やや重い反則

相手チームにフリーキックの権利。反則を犯したチームはその地点より10m下がらなくてはいけません。
※相手チームの選択により、スクラムやラインアウトから再開する場合もあります。

△ 軽い反則

相手チームのスクラムから再開。

ポジション説明

FW フォワード 背番号 特長
PR プロップ 1 or3 スクラムの最前列で、両サイドの2人。直接相手と接触する、スクラムの要である。
HO フッカー 2 スクラムの最前列で、プロップの2人に挟まれ、スクラムをコントロールする。
LO ロック 4 or5 スクラムの2列目の2人。長身選手が多くラインアウトの中心として活躍する。
FL フランカー 6 or7 スクラムの3列目として、両サイドにつく。常にボールのあるところに現れる仕事人。
NO8 ナンバーエイト 8 スクラムでは最後尾にポジショニング。攻防の中心となるマルチプレーヤー。
ポジション説明
BK バックス 背番号 特長
SH スクラムハーフ 9 フォワードとバックスのパイプ役。体が小さくても活躍ができて、パスワークに優れている。
SO スタンドオフ 10 アタックを組み立て、コントロールする司令塔。状況判断力に優れたゲームメーカー。
CTB センター 12or13 バックスの攻守の要。力強い突破に、激しいタックルと、活躍が戦況を大きく左右する。
WTB ウィング 11or14 チームのトライゲッター。高い運動量と優れたステップワークでトライする。
FB フルバック 15 最後尾でゴールラインを守るチームの守護神。高いキック力とハンドリング能力を持つ。

PAGE TOP