Feature Stories 世の中に役立つ新しい価値を提供する、RICOHの物語があります。


ドキュメントの発生から、破棄まで。トータルなセキュリティ対策をご用意。

ウイルス対策やアクセス制限など、インターネットに関するセキュリティ対策に取り組んでいる企業は数多くあります。その反面、ドキュメントに対するセキュリティは、まだまだ進んでいないというのが現状。機密情報を印刷し外部に流されたり、原本そのものを持ち出されたりすれば、ネット上のセキュリティ対策も無意味になってしまいます。また、ネットの情報のように記録をたどることもできないため、ドキュメントに対するセキュリティのほうが難しいといえるかもしれません。そこで、リコーはお客様の重要な情報資産である電子文書や紙文書の漏えい、改ざんを防ぐ対策分野にいち早く着手。ドキュメントのライフサイクル全般(発生から、処理、保管、保存、破棄まで)にわたり想定されるリスクに効果的に対処できる製品のセキュリティシステムの開発を進めています。

ICカードでセキュリティ強化。より安心で、より便利なオフィスへ。

ドキュメントセキュリティに対するリコーのソリューションのひとつに、個人認証システムがあります。これは、ICカードのIDをキーとし、複合機の使用をICカードの利用者のみに限定することを可能にするもの。個人が持っているICカードをかざさなければ紙文書を出力することができないため、印刷物の取り間違えや取り忘れによる情報漏えいを防止できます。さらに、部署や役職などに応じて個人ごとに利用できる機能を制限したり、「いつ・誰が・どのドキュメントを出力したか」を管理できたりと、現場のさまざまなニーズへの対応が可能です。また、プリント出力時に空いている機器を自在に選択できるロケーションフリープリントなど、セキュリティだけでなく利便性も多く備えたシステムとなっています。社内外を結ぶネットワークと、入出力機器である複合機・プリンターおよびソフトウェアを連携させ、より情報活用が活発に進むオフィス環境を実現していくリコー。私たちはセキュリティの高い環境をお届けすることで、情報シェアをより安心なものにし、企業内にある情報・ノウハウの積極的活用をサポートします。

機器にも、セキュリティ機能を搭載。リコーのクオリティが国際的認証を取得しました。

オフィスのセキュリティ環境を高めるとともにリコーが取り組んでいるのは、複合機・プリンター自体が持つセキュリティ機能のさらなる向上です。コピー、スキャナーによる原稿読み取り、パソコンからの出力などによるHDDの残存データやユーザデータを上書き消去する「HDD残存データ消去機能」やアドレス帳データ、認証情報、蓄積文書などを暗号化してからデータ保存ができる「HDD暗号化機能」、出力物をコピーすると埋め込まれた牽制文字が浮かび上がる「不正コピー抑止地紋印刷機能」など、その手法と機能もさまざま。もちろん、セキュリティ機能が高まっても、従来の使いやすさをそのままキープ。このような成果が認められ、2010年3月、デジタル複合機「imagio MP 5000 SP/4000 SP」が複合機・プリンターの情報セキュリティに関する国際的な規格「IEEE Std 2600.1TM-2009」に適合したCommon Criteria(ISO/IEC 15408)認証を世界で初めて取得しました。私たちはこれからも情報セキュリティの先駆者として、お客様に安心のオフィス環境をお届けしていきます。

*imagioは、日本での商品名。海外では別名称であり、認証は「imagio MP 5000 SP/4000 SP」にて取得。

関連リンク
デジタル複合機のセキュリティ
デジタル複合機のセキュリティ機能の紹介
Common Criteria(ISO/IEC 15408)認証取得製品リスト
個人認証システム

You can read the articles in English
Go to the Ricoh Global website

ピックアップ

  • リコー早分かり
  • Feature Stories
  • 西暦2036年を想像してみた
  • リコーのモノ・コトばなし