Feature Stories 世の中に役立つ新しい価値を提供する、RICOHの物語があります。


リコーにしか創造できない、 「人にやさしい」バリューを、もっと。

めざましい進化を続けている複合機。さまざまなシーンで、ますます多くの人に使われるようになりました。それだけに、操作手順や紙詰まりの対処法などが分からず、思いのほか作業に時間がかかってしまった経験はないでしょうか。多機能化・高機能化が進むにつれて、自在に使いこなすためのリテラシー(活用能力)が求められるケースが増えているのです。そんな中、リコーは健常者、障がい者、年齢にかかわらず、多くの人に使いやすさと便利さを感じていただくために、積極的にアクセシビリティに配慮しています。スムーズに安心して使える商品やサービスを。そして、それによってオフィスや暮らしの環境がより豊かなものになるように。「リコーバリュー」の一つ、「人にやさしい」のもと、開発を進めています。

たくさんの人が安心して操作できる。 そんな機能を充実させました。

お客さまに満足いただける機能性や信頼性を高いレベルで実現しながら、さらにその先を行く「使いやすさ」を目指してきたリコー。その結果、ケアの行き届いた、人にやさしい高性能の数々を生み出しています。例えば、お客様との主な接点となる操作部は見やすい8.5インチの大型フルカラー液晶パネルを採用、さらに高齢者や弱視の方にも見やすい簡単画面を採用。万が一の紙詰まり処理などはわかりやすいアニメーションでガイダンスします。また、トナーをボトル形状にし、片手でも交換可能にしたり、分離可能な横置きスキャナーで車いすの方でもラクに操作できるようにしたりと、手間や労力の軽減に配慮。ほかにも、排紙を確認しやすい色のついた胴内排紙部や紙詰まりしにくい高信頼性設計など、リコー製品にはこだわりの「人にやさしい」がたくさん備わっています。


操作性を高める簡単画面機能
簡単画面、簡単画面ボタン


色弱の方にもわかりやすいLEDランプと操作画面
LEDランプ ※ランプの表示状態は撮影用のイメージです。キー反転画面


つまみの付いたトナーボトルと軽く手をかけて引き出せる給紙トレイ
トナーボトル、給紙トレイ

ユーザーの視点から徹底検証。 先進の使いやすさを追求しつづけます。

使いやすさを実現するためにリコーが最も重視したのは、メーカー側の発想ではなく、お客様の視点。実際の利用状況を調査し、そこから出てきた商品評価や要求、実験結果に基づいて開発を進める「顧客起点のモノづくりプロセス」を採用しています。例えば、給紙トレイをスムーズに引き出すにはどれくらいの力が最適なのか具体的な数値を出したり、実際に障がいのある方が操作可能かどうかの検証を行ったりと、丁寧にチェックを重ねています。また、アクセシビリティ対応検証として、操作していただいた方にアンケート調査を実施。「コピー操作のしやすさ」「用紙セットのしやすさ」「トナー交換のしやすさ」「原稿セットのしやすさ」「総合評価」の全ての項目で高い評価をいただきました。先進の機能を搭載した複合機に、先進の使いやすさを。これからも、リコーの挑戦はつづきます。

You can read the articles in English
Go to the Ricoh Global website

ピックアップ

  • リコー早分かり
  • Feature Stories
  • 西暦2036年を想像してみた
  • リコーのモノ・コトばなし