デザイン

      活動拠点

      リコーでは、グローバルな視点から、お客様満足度のあるべき姿を模索し、現地に密着したデザイン活動を展開しています。また、デザイン活動の一環として、多言語翻訳活動も各拠点で展開しています。

      活動拠点

      ページトップへ

      アプライアンス : 使いやすさと便利さの始まりは顧客起点

      “使いやすさと便利さ”に徹底してこだわり、新しい価値を生み出していく“アプライアンス” 商品の実現に、リコー全社で取り組んでいます。そのためには、まずお客様を知り、お客様の立場にたって考えることから。またネットワーク化の進展とともに、アプライアンス商品の実現はますます重要になってきています。

      ページトップへ

      ユニバーサルデザイン : ひとりでも多くのお客様に使いやすさと便利さを

      ひとりでも多くのお客様に使いやすさと便利さを享受して頂けるよう、ユニバーサルデザインに配慮した商品づくりを進めています。健常者、障がい者、年齢にかかわらず、その人に合ったものが選択できること、さらに使い手がカスタマイズできることも重要だと考えています。 また、カラー複合機・プリンターを提供する企業として、カラーユニバーサルデザイン(CUD)の取り組みも行なっています。

      ページトップへ

      デザイン評価活動

      お客様の要求や期待を知り、人間工学や感性工学の視点からの解釈も加えて設計解決案(仮説)を設定し、お客様視点でのユーザビリティー評価によってその有効性の評価(検証)を行なっています。評価は、実際に商品やサービスを利用されるお客様に参加していただくモニター評価、専門の評価者が行うチェックリスト評価などを行なっています。 また、お客様の感動につながる商品づくりを目指し、感性品質の視点での評価も実施しています。

      ページトップへ

       

      ページトップへ