デザイン

      デザインの役割

      リコーは、「地球にやさしい」、「人にやさしい」、「知識創造を簡単に」という3つのリコーバリューを商品としてお客様に提供することを通して、新たな価値を創造することに取り組んでいます。

      そのために、お客様にとっての真の使いやすさとは何か、生産性向上の先にある“ 知識創造を簡単に”するためにはどうすればお役に立てるのか、常に自らに問いつづけ、そこから世の中に新しい価値を提案していきます。

      ページトップへ

      リコーらしさの確立に向けて

      お客様に、「いつも便利で使いやすく、いい仕事ができる」期待感や信頼感をもって頂けるような“ リコーらしい”商品を実現し、お客様に「満足」していただくことはもちろん、「感動」いただけるレベルの価値の提供を目指していきます。

       リコーらしさの確立に向けて 概念図

      ページトップへ

      デザイン実施プロセス

      現地のお客様の要望や地域毎の特性・価値観を考慮したデザインを実現するために、コンセプト立案のインプット情報となる市場調査やデザインモデルの評価などは、海外デザイン拠点と連携したグローバルなデザインプロセスの中で実施しています。

      デザイン実施プロセス

      ページトップへ

      各機能の取り組み

      リコーバリューを具体的な商品として実現し、お客様に提供するために、リコー総合デザインセンターでは、5つのデザイン機能と多言語翻訳に取り組んでいます。

      イノベーションデザイン
      未来トレンドにもなり得る新たな価値の提案を目指しています。ネットワーク社会におけるワークスタイルの将来像を想定した長期的な視点での先行デザイン研究と、新規分野の商品・サービスのデザインに取り組んでいます。

      プロダクトデザイン
      お客さまのフォトライフやオフィスワークの問題を解決し、また、それらの将来のあるべき姿を描き、新しいライフスタイルや利便性や魅力をデザインします。 印象性、操作性だけでなく、感触や操作感など感性までも満足していただくカタチを目指します。

      インタラクションデザイン
      機器やPC画面などすべての操作画面で一貫した印象や操作性を持たせるとともに、多くの人に使いやすいユニバーサルな操作性の提供と、仕事のパートナーとして信頼感を持って頂ける事を目指したインタラクションデザインに取り組んでいます。

      グラフィック/パッケージデザイン
      商品やサービスの良さをお客様にお伝えするために、商品のグラフィックやパッケージデザインだけでなくカタログや商品紹介WEBページなど、一貫性を持たせながら商品をより魅力的に見せるデザインに取り組んでいます。

      ドキュメントデザイン
      使用説明書の企画・制作・翻訳についても「人にやさしい」などリコーバリュー実現のためには欠かせないものと考え、デザイン機能と位置付けています。重要な「正確さ」「情報の探しやすさ」「使いやすさ」に配慮し、お客様にわかりやすく活用していただける使用説明書の提供に取り組んでいます。

      多言語翻訳
      リコー商品は、世界中のお客様に親しまれています。より正しく快適にご使用いただくためのドキュメントをリコー独自のシステムで多言語翻訳を行い、商品をご使用される各国のお客様にわかりやすくお伝えすることに取り組んでいます。
       

      ページトップへ